風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

上達方法

上達するための「やるべきこと」や「考え方」

【ゴルフ】池越えのグリーンを狙うショット

池越えのグリーンを狙うショット もしグリーンを狙うと決めたならあなたはどこを狙いますか? グリーンセンターだ、という言葉が聞こえてきます....その選択もありですが、私は.... グリーン奥です。

【ゴルフ】グリーン周りのアプローチショットは入れるつもりで打つ

グリーン周りからの「よせワン」アプローチでカップを狙う カップに入れるつもりで打つことによって、どんな効果があるのか? それは、集中するところ(場所)です。 何とかよせワンを...せめてワンパット圏内に...と思って打つと、 ミスをしないように打ち…

【ゴルフ】練習場でやってないことはラウンドでは絶対できない

練習すべきはラウンドで使えるショット いい球とは、自分のイメージどおりの弾道と飛距離だと思いますが、私の思ういい球はラウンドで役に立つ自分の思ったイメージのボールということです。 簡単に言うと、「イメージしたボール」と「結果」です。

【ゴルフ】パーを目指すゴルフを続ける

ゴルフをするからにはやはり「パー」にこだわる とはいったものの、90が目標のゴルファーにとってはボギーペースで90、その中でひとつパーを取れば89というスコアになります。 なので「ボギーでいいや」ということになります。 気分的には随分楽になるでしょ…

ゴルフは時間の使い方で結果も変わる

ゴルフラウンド中の時間の使い方 早めの準備(情報収集)ができていれば自分のボールのところに行くなりすぐさまクラブ選択をし、ショット前のルーティンを開始することができます。 ボールのところに行って始めて情報を集めようものならそこから時間ばかり…

【ゴルフ】ベストスコアを出したいなら簡単なゴルフ場を選ぶこと

ベストスコアは広くやさしいゴルフ場で いいスコアが出しやすい条件でゴルフをすればベストスコアも出やすくなり、いいスコアには「自信」という副産物までいただけます。 ましてキャディーさんがいれば「鬼に金棒」です。 それから難しいとされているコース…

【ゴルフ】打つ前の素振りは「芝をすれ」

素振りで芝に当てる効果は絶大 人によっては体を回すのが目的の人もいるでしょうが、どうせするなら「芝」を擦って素振りをしましょう。 は?なぜ? ヘッドの軌跡の残像を残したいからです。以前女子プロのイ・ボミさんもテレビでそう言ってました。 「素振…

【ゴルフ初心者】ショートホールを「やさしい」と考えない

ショートホールは心してかかれ バーディーも取れるが大たたきの可能性も兼ね備えているショートのパー3。 スコアをマネジメントしていくとショートホールはパーを、初心者でもボギーに設定するのではないでしょうか? え?バーディー狙いですか?まぁ、それ…

【ゴルフ】スイングで腰を切る。腰を回す。

左腰体重でスイングできれば腰は勝手に回る 腰は意識して「きる」「回す」のではなく、ダウンスイング時に左腰や左足に重心がくることによって自然に回るものなのです。 がんじがらめのスイングにならないようにしましょう。 その為には「連続素振り」をお勧…

【ゴルフ】他力本願のゴルフはダメ

ゴルフは自分との闘いでもありライバルとの闘いでもある ライバルのミスを喜んでプレーした結果、自分のゴルフをさせてもらえなかった...ということです。 すべての結果がそうなる訳ではありませんが、やはりライバルにはいいゴルフをしてもらって、自分はも…

【ゴルフ初心者】心をマネジメントしてスコアアップ

心をマネジメントすればスコアにも ゴルフはミスを減らすスポーツです。 ナイスショット...あるに越したことはないが、とんでもないミスショットを減らすことのほうがスコアは断然まとまります。 ゴルフはナイスショットを増やすことより、ミスショットを減…

【ゴルフ初心者】そのミスショットは打つ前から決まっていた

打つ前にミスをしないために スイングやショットによるミスは決断と実行の結果ですから仕方ありません。 しかし、それまでにミスをしてしまう事が多くあります。 それが打つ前の動作や考えもしくは状況判断によるミスをしてしまうことです。

【ゴルフ】自分の持ち球がある人が強い

持ち球が決まっている人はフェアウェイが広く使える 初心者の人にかかわらずゴルファーの悩みのひとつに「どっちに曲がるかボールに聞いてくれ」という人は、フェアウェイの真ん中しか狙うことができません(>_<) 理由は簡単、「どっちに曲がるかわからないか…

【ゴルフ】傾斜地からグリーンを狙う打ち方「つま先上がり」「つま先下がり」

傾斜地からグリーンを狙う どちらの傾斜にしろボールの弾道をイメージして打っていくことになります。その時にスイングをさせてもらえるのか、否か、を判断するのが先決です。 もしもスイングできないなら手打ちになりますからそのようなボールの弾道をイメ…

【ゴルフ】自分の正確な飛距離を知る

正確な飛距離を知ることは絶対条件 最近ではメーカーごとの戦略で同じ番手でもメーカーや型によってさまざまなロフトが用意されているので、同じ番手=同じ飛距離ではありません。 全然気にすることはありませんよ 特にアイアンはグリーンまたはカップ、ピン…

【ゴルフ】上達のためのドライバーの打ち方

ドライバーが気持ちよく打てるとゴルフが楽しい このブログで初めてドライバーのスイングについて書きます。 何故なら、ドライバーの練習は私自身あまりやらないし、練習場においても最後の最後に5球ほど打つ程度にしているからなのですが、

【ゴルフ】パッティングもリズムとテンポ

ゴルフスイングはリズムが大事、いつも同じリズムで打てるようになるとゴルフは比較的簡単になってきます。 しかしパッティングになると、インパクトで緩めてみたり、逆にパンチが入ってみたりとなかなか見ていてうまくいっていない人が見受けられます。

【ゴルフ】ひとつ上のゴルフを目指すための練習法のまとめ

ひとつ上のゴルフを目指すための練習法 ひとつ上のゴルフを目指す為には、やはり練習は欠かせません。 ライバルと競う中、リカバリーショットひとつで状況が逆転することもしばしばありますし、その逆もあります。 お互いに切磋琢磨してゲームを楽しめたらい…

【ゴルフ】初心者はセカンド・サードショットでスコアアップ

グリーンを狙える位置からのマネジメント...セカンド、サードショットでグリーンを狙う? ここからが真のコースマネジメントでありメンタルです。 スコアを維持することができるのか、大たたきするのか、の分かれ道になる状況はまさにこんな状況であることが…

【ゴルフ】初心者はアプローチでスコアアップ

ショートゲームを鍛えてスコアアップ 初心者の人はその距離からの打数が圧倒的に多いからです。 レベルにもより一概には言えませんが、N君のような110や100が切れていない人にはこの距離が非常に苦手になっています。 逆に考えてみると、この距離を得意とは…

【ゴルフ】グリーン手前にワンクッションさせて寄せるアプローチ

砲台グリーンなどでピンが近い時に使えるアプローチ法です。 ランニングアプローチでもピッチエンドランでもボールの着弾点は基本グリーン面ですが、グリーンに直接ボールを落とすとピン(カップ)から遠ざかっていくことになる(カップを通り過ぎ)状況が砲…

【ゴルフ】初心者はパットでスコアアップ

パットはスコアアップにはもってこいです。 3パット、4パットは当たり前....ではありませんか?たまには長いパットが「スコーン」と入ることもあるでしょうが、それはまぐれです(^^)/ 平均パット数を縮めることがスコアアップには必須ですし、今のスコアを…

【ゴルフ】振り切ることの大切さ

ラウンドを重ねミスが増え、徐々に振り切ることが恐ろしくなり小さなスイングに、そして挙句の果てに小さいスイングがいつの間にかフルショットの形になってしまい、飛距離も落ち....といった負の連鎖を引き起こしてしまいます。 それを阻止するには失敗を恐…

【ゴルフ】強いボールを打つには?

ゆったりスイングでも「強いボール」は打てる 強いボールとは? ゆったりスイングで強いボール インパクト後のスピードを最速にする 女子プロのスイングを真似しよう アイアンで強いボールを打とう 最後に ゆったりスイングでも「強いボール」は打てる 強い…

アマチュアゴルファーがハマる罠その3

アマチュアゴルファーがハマる罠シリーズの第3弾目。景色や傾斜に惑わされて大たたきをしてしまう理由をコースの様々な箇所から解説します。 景色や傾斜に惑わされてのミスショットは大変多いので特にアマチュアゴルファーの皆さんは気をつけましょう。

【ゴルフ】3パットはなくならない

3パットはなくならない...3パットを減らすことはできますし、実際「今日は3パットしなかった」ということはあると思いますが、永遠に3パットはなくなりません。プロでも3パットするんですから....その説明をふまえて解説します。キーポイントはバーディーパ…

【ゴルフ】ティーショットのドライバーでOBを打ちたくない人への秘策

ラウンドでドライバーがOBになってスコアメイクできないし楽しくないという人のために秘策を紹介します。それは....OBが出なくなるまでドライバーを打ち続けることです。これが秘策?と思っている人もいるかと思いますが、これをやるやらないでは上達の伸び…

【ゴルフ】ドッグレッグの攻め方と考え方

ドッグレッグは、打つ方向によってピン(グリーン)までの距離が変わります。コースマネジメントをするなら「急がば回れ」的な安全策を取っていく必要もありますが、ショートカットを狙っていくことも必要になります。 どちらを選ぶかは自分との会話が最優先…

ゴルフは難しいから面白い

ゴルフは難しいから楽しいし面白いのです。簡単だとすぐに飽きてしまいます。 ベストスコア、目標、自然、そしてライバルがいるから難しいしうまくいかないから面白いのです。 そしてそこに向上心が生まれます。

【ゴルフ】レイアップする勇気(刻む勇気)がスコアにつながる

ゴルフのラウンドでレイアップ(刻み)の選択を躊躇なく誰の顔色も見ることなくできますか? レイアップにはそんな勇気が必要です。 戦略のひとつにあるレイアップですが、勇気あるレイアップとして活用しましょう。もちろん中途半端なレイアップはだめです。

TOP