風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】レイアップする勇気(刻む勇気)がスコアにつながる

ゴルフのラウンドでレイアップ(刻み)の選択を躊躇なく誰の顔色も見ることなくできますか? レイアップにはそんな勇気が必要です。 戦略のひとつにあるレイアップですが、勇気あるレイアップとして活用しましょう。もちろん中途半端なレイアップはだめです。

ゴルフ新ルールになってよくある事例 part 5

ゴルフ新ルールになりよくある事例を紹介します。 今回はグリーン上でのあるあるな事例ですが、しっかり覚えておきましょう。 グリーン上のマナーは多いですが、故意でなければ罰はそれほどないと思います。

【ゴルフ】スリークウォーターショットの打ち方と使い道

ラウンドで大活躍のスリークオーターショットでグリーンオンを狙いましょう。 スリークオーターショットの使い方や打ち方そして注意点を解説していきます。 しっかりと練習場で距離感を確認して明日のゴルフで実践投入していきましょう。

【ゴルフ】ボディーターンで打ちたいなら左半分をイメージすればいい

ゴルフスイングを滑らかにしたい人はバットの片手一本での素振りをしてみるとよくわかります。 スイングが滑らかになる自然な動きがボディーターンです。運動連鎖が使えた理想のスイングです。イメージとしては左半分を主体にするスイングです。

ゴルフの「ひらめき」は常に変わってしまうものだ

練習やラウンドの最中に「ひらめき」や「気づき」という、「なんか俺ゴルフがわかった感じがする」なんて思ったことってありませんか?それは非常にいいことです。しかしそのひらめきは「永遠ではない」ということです。でも大丈夫またいつの日か出番が必ず…

アマチュアゴルファーへ「本当に練習してほしい練習」

練習の中で一番重視しなければならない練習法の紹介です。その名は「インパクトゾーン」という部分の練習になります。「ビジネスゾーン」ともいいますが、この部分だけの練習をすれば他の練習はいらないとまで言われています。 全てのクラブの練習になります…

【ゴルフ】自分の実力を過信しない

自分の実力を過信しないゴルフをしましょう。練習場でも打ったことのないボールが実際のラウンドで打てるはずがありません。そもためには冷静な判断力が必要です。自分と対話しながらプレーしましょう。

【ゴルフ】飛ばそう思うほど飛ばない理由

飛ばそうと思って打ったボールはまともに当たらずミスショット....飛ばないでいいと思って打ったボールほど飛んでいた....といったことが多々あります。 その原因と考えを解説します。 ナイスショットはいいリズムからうまれます。

ゴルフにおけるマネジメントとメンタル(初心者編)

ゴルフにおいて切っても切れないのがコースマネジメントとメンタルです。 これを知っているのと知らないのとではこれからのゴルフに大きく影響します。 初心者ゴルファーもアベレージゴルファーも同じですよ。 勿論プロゴルファーもです。

【ゴルフ】頭の位置だけに集中するとダフリにくい

ゴルフのスイング中にたくさんのチェック項目はスイングをダメにします。 せめてチェック項目はは一つに絞りましょう。その一つに「頭の位置」です。 ダフリやトップが格段に減ります。

【ゴルフ】バーディーを狙うとボギーになるのはなぜ?

レベルにあったスコアメイクをしましょう。 ゴルファーにとってバーディーはノドから手が出るほど欲しいものです。 が、欲によってプレーが一変するのもゴルフです。 バーディーパットが無残にもボギーに....なぜ?

ゴルフ新ルールになってよくある事例 part4

新ルールになってわかりにくい事例を紹介します。今回はバンカー内でのやってはいけないことと、こんな時はどうすれば?そして何打のペナルティーになるのかを解説します。 マナーも少し.....

【ゴルフ】ライン出しという打ち方

よく「ライン出し」という言葉を耳にします。どんな時に使うのか?打ち方は?を解説します。 「ライン出し」と「クウォーターショット」の違いは? まさに打ちたい方向に向かって線を引いたような弾道です。

【ゴルフ】ダウンブローって何?打つ方法は?

ハンドファーストでダウンブローでボディーターン...ダウンブローとは?いったいなんでしょうか? さらに、ダウンブローのいいところと、打ち方を解説します。 イメージは「ボールを斜めに切る」ですね。

【ゴルフ】ハンドファーストはいいことだらけ

特にアイアンショット時のハンドファーストのいいところを解説します。 アドレスはインパクトの再現...と昔は言ってましたが、少し違います。 そもそもハンドファーストって何?からいきましょう。

スポンサーリンク

TOP