風にのせてtetsute’s blog

ゴルフ初心者のスキルアップを応援します

初心者にも最適なインパクトゾーンの練習

f:id:tetsute:20200408205806j:plain

 

初心者の人にぜひやってもらいたい練習法

こんな方にお勧めです(^^♪

  • いつまでたっても100が切れない
  • 練習方法の見直しを考えている
  • 100y以内のショートゲームを強化したい
  • スイングを固めたい
  • 地道な練習もこなせる
  • スコアアップしたい

本当は全ての方にお勧めですが、根気がいります。

 

今からお伝えする練習法は全てのクラブに共通します。

是非がんばって実践してもらえたらなと思います。

 

インパクトゾーン

インパクトゾーンとは簡単に言うと、

インパクト前後の時計で言うと「9時~3時」のクラブの動く軌道です。

 

これから紹介する練習方法は、

本当にスイングもよくなるし スコアも大幅にアップするので、

お勧めの練習法です。

 

使用クラブ

使用クラブは最初、48°~50°前後の短いクラブです。

AWとかPWでもいいと思います、私は基本50°です。

慣れれば、すべてのクラブで練習します。

アドレス

  • いつものルーティンをします
  • 目標を定め (目標に対して真っすぐにたつ準備)
  • 右手でクラブを持ち、フェースを目標方向に合わせ
  • ボールに対して足を閉じて立ち 
  • 左足を足の幅一足分ひらき 右足も一足分開きます
(少し大きめのほうがいいが、慣れるまでは小さめで)
  • と同時にグリップを決める

(なるべく、スクエアで)


もちろん背筋を伸ばし前傾姿勢 体重配分は左右に50-50か60-40です。

お勧めは60-40ですが違和感がある方は、50-50でいいと思います。 

テイクバック

  • 息を整えます(息を吸って半分より少し多めに吐き)
  • クラブ始動直前に、左に少し体重を乗せ(ワッグルでもOK) 
  • 肩と腕の三角形を崩さないように始動

(この時、腰 はあまり意識せずに、肩でテイクバックするイメージで)

  • シャフトが地面と平行になるまで手首は固定したままテイクバックをします

(この時も体重はひだりにあります)

  • 腰だけの回転で、頭をしっかりと残して切り返します

(クラブの振りは自分のリズムとテンポをしっかりと意識し

必ずヘッドスピードが 加速するようにします

 インパク

左体重のまま、腰の回転だけでクラブを加速させて、

インパクトはなるべく意識しないようにしましょう。

 

頭の上下位置が変わらないのに、どうしてもダフル人は。、

ボールの少し左に目標を作り それを見ながら振るのが効果的です。 

フォロー

腰の回転の勢いで そのまま一気にフォローまでもっていきます、。

(この瞬間も顔はインパクト地点に向いてます) 

フィニッシュ

フィニッシュは3時で終わるはずですが、

惰性で腕が3時でクラブは地面と垂直になるのが正解です。

 

打出し方向、インパクトの音と感触 がいつも同じになるまで反復練習しましょう

(慣れてくると インパクトの音と感触が繊細にわかります)

 

するといつも同じところにボールが着弾するはずです。

そうなるまで、頑張りましょう。

 

まとめ 

この振り幅で使用クラブによって変わりますが、

40y~50y~60yをピンポイントで狙えるようになるはずです。

それを喜ばずに、スイングに集中してください。

インパクトゾーンを固める練習ですから(ここが大事です)

 

ある程度インパクトの音と感触が同じになったら

次の練習です、あと少しです頑張りましょう 

 

コックを入れる練習

コック

同じクラブを使用して、ふり幅を少しだけ大きくします。

大きくするといっても、コックをいれるだけです。

 テイクバックで今まではコックを使わず、地面と水平でしたが、

そこを超えると(クラブが9時を過ぎると)コックがはいります。

クラブが約10時ぐらいだと思います

 

後の動きは全く今までと同じです

ボールをきれいにとらえると、コックを入れるだけで

普段のフルショットの飛距離の7~8割ぐらい飛ぶはずです

 

応用

慣れたら、応用として8時~4時の練習もすると、

距離的には30y~40yだと思います。

実は、この練習が グリーン周りで一番役に立ちます。

 

 この練習によって30y~100y以内の距離感が身に付きます。 

グリーンを狙うショットが完璧に...(^^♪ 

(反復練習が必要ですが 根気よく頑張りましょう)

 

私は、この練習を最初と最後に必ずやります。

  

少しでも参考になればありがたいです 。

初心者が「練習場ではよかったのに」の原因と対策

f:id:tetsute:20200406214041j:plain

 

コースでの「微妙な傾斜地」からの打ち方

前日の練習では完璧だったのに...悲惨な結果に...

といった事、もちろんあります。

なぜでしょう?

練習場の良くて悪いところ

練習場は目標に向かってスタンスが取りやすい。

 

簡単に言うと、

練習マットに沿ってスタンスをとると、

自然に目標に向くようになっているということです。

 

練習場はスイング作りにはもってこいです。

 

が、

一旦コースに出ると思うようにいかないことが多々あります。

それは、

「コースには平らなところがない」ところです。

丘陵コースには平らなライがない

練習場は前後左右平たんで、池もなければOBもない、

メンタルにもあまり影響しません。

 

しかし、コースは違います。

コースにはスタンスをとる基準がありません。

ティーイングエリアも平らなようで、平らでないことがあります。

 

さらに、斜めに打っていくような施しもあります。

 

よく同伴プレーヤーが打っているときに、

「なんかこの人、右むいてね?」

といった事...?

 

周りの景色に惑わされるのも原因の一つですが、

目標設定のルーティンが出来ていないのがそもそもの原因です。

傾斜地からの打ち方

セカンド地点に行くと、ライはもっとひどいです。

  • つま先あがり
  • つま先さがり
  • 左足あがり
  • 左足さがり

基本はこの4つになると思います。

 

普段のショットが出来た場合は、

  • あがり系はフックになる
  • さがり系はスライスになる

と、覚えておきましょう。

 

「つま先さがり」なのに、ピンを狙ってフルショットすると、どんどんスライスしてOBに、といった事はよくあります。

ボールがどちらに飛んでいきやすいかがわかっていれば、こういったミスは防げるはずです。

しっかりと頭に叩き込んでおきましょう。

打ち方と考え方

今回の傾斜地での打ち方は、いつものスイングができるという前提でお話しします。

フックの要素を入れたり、スライスの要素を入れる打ち方は、またの機会にします。

 

じゃあ簡単にいきますよ。

  1. アドレスの取り方はいつもと同じです
  2. そして、いつものようにスイングします
  3. セオリー通り、ボールはスライスやフックします
  4. なので、曲がり幅を予測するのが仕事です

以上...

変える所があるとすれば、ボールの位置ぐらいでしょうか。

しかもボール半個分の世界です。

  1. ボールが飛んでいく軌道をイメージし
  2. 打ち出したい方向にアドレスし
  3. 打ち出したい方向にスイングしましょう

まとめ

ラウンド中にボールが思った方向に行かなくなる、

といった現象が起きます?

ん?

ない?

 

はい、ありますね(^^♪

 

原因の一つに、

打ちたい方向とアドレスが違っている可能性があります。

(スタンスは合っているが、肩の向きが違うとか)

 

正しい目標の取り方でアドレスに入ることさえできれば、

全てではありませんが、治ることが多々あります。

 

練習あるのみです、頑張りましょう。

 

少しでも参考になればありがたいです。

ドライバーはクラブの中で一番「飛ぶ」クラブ

自分の「持ち球」が決まるとゴルフが楽になる

 

寒さも和らぎ、そろそろ待ちに待った季節がやってきた。

「この季節を待ってたぜ」と声が聞こえてきます。

 

4月と5月の日曜日は、やはり予約が多いため、希望の時間がとれない...

といった現象が毎年のことです。

 

でもまあいいか...

ゴルフさえできれば(^_-)-☆

 

f:id:tetsute:20200403155738j:plain

 

 

ボールの行方はいつ決まる?

 

はい、インパクトです。

一瞬で終わるインパクトですべてが決まります。

 

その為に、日々の練習をしているといっても過言ではありません。

 

ストレートボールはインパクトで、

インサイドインの振りでフェースが目標方向に向いていればいいわけです。

 

簡単ですね...

 

これが一番難しいんです。

こんな難しいこと考えてゴルフなんかできません。

 

「面白くもないわ」、でしょ?

 

どちらに行くかわからないボールほど怖いものはない

 

ストレートはインパクトで少しでもフェースの向きが変われば、

右か左に行ってしまいます。

どちらに行くかわからないボールほど怖いものはないです。

 

コースの真ん中しか狙えません。

どちらにOBが出ても不思議じゃない。

 

どうします?

 

お勧めの「持ち球」は?

 

ドライバーでコースを攻めるボール弾道の種類には、

  • ストレート
  • ドロー
  • フェード
  • フック
  • スライス

この5つに絞られますが、

 

一番のお勧めは、フェードです。

日本のコースにはもってこいです。

 

二番はドローです。

距離も稼げます。

 

フックボールは少し危険です。

ランが出るためきついフックだとOBもあります。

 

スライスは距離が極端に落ちるため、もったいないです。

 

持ち球がスライスの人はフェードに近づけましょう。

持ち球がフックの人はドローに...

 

と、ドライバーの練習をしましょう。

 

と、言いたいところですが、

ドライバーの練習はやめましょう。

 

どうしてもしたい場合は、練習の最後に少しだけにしましょう。

 

ドライバー

 

今回、初めてドライバーの話をします。

 

ドライバーの練習はあまりお勧めしません。

真っすぐ打つ方法は存在しますが、アマチュアゴルファーには無理だと思います。

 

一時的にはストレートがでる日もあるでしょうが、長続きもしません。

 

なぜ?

 

スイングが固まってないから...です。

 

プロのように、毎日振っていればそこそこ固まるでしょうが、

そうはいきません。

 

どうしましょう?

 

それなりのボールがでれば満足しよう

 

ドライバーはクラブの中で「一番飛ぶ」クラブです。

これを、「一番飛ばす」クラブと思ってはいけません。

 

かつ、「人よりも飛ばす」はもっとやばいです。

 

もう一度言いますよ。

 

ドライバーは「飛ばす」クラブではなく「飛ぶ」クラブです。

肝に銘じてください。

 

9アイアンでも打つくらいの気持ちで、

ゆったりと打ってみてください。

 

ミート率も上がって以外に飛ぶことに気が付くはずです。

「癖になるかもよ~」

 

 まとめ

 

アイアンもドライバーも基本は同じスイングでなくてはいけません。

勿論、前傾姿勢も違うしボールの位置も違うわけですが、

 

頑張らずに、200y飛んでもらいましょう。

 

少しでも参考になればありがたいです。

冬ゴルフの飛距離は夏に比べて落ちる?

ゴルフの冬対策と春に向けての準備

100%落ちます。

 

皆さんは冬ゴルフ好きですか?

やっと気持ちのいいゴルフが出来る季節がやってきた。

私はやはりこれからの季節が大好きです。

 

f:id:tetsute:20200330225106j:plain

 

なぜ飛距離が落ちるのか?

冬だから...?

 

練習場でも夏に比べると、思ったところに届きません。

寒いから...

 

そうです。

気温が低いと飛びません。

気温が低いと、なにもかにも硬くなる。

  • 体も硬くて回らない
  • 厚着をするので回らない
  • 空気の密度が高いから抵抗が大きい
  • ボールも気温が低いので硬くなる

飛ばないので練習場で振り回しミート率までも下がり、スイングも壊れる。

そして、負のスパイラルに入ってしまう。(>_<)

 

なら、どうしましょう?

 

冬の飛距離を受け入れる

距離的には個人差があるようですが、約ワンクラブぐらいでしょうか。

「冬はこんなもんだ」と受け入れることによって、楽になりましょう。

とにかく、マイペースで頑張りすぎない。

 

しかし、納得いかない人もいますね?

 

なら、

出来ることはやりましょう。

 

出来る事?

  • ストレッチを本気でやる
  • 動けないくらい厚着をしない
  • ボールを少し柔らかいのに変える
  • ポケットにホッカイロを忍ばせボールを温める
  • ミート率を上げるために、満ブリしない
  • いつもよりワンクラブ番手を上げる
  • いつものクラブで届かせようとしない

出来ることはやって、春を待ちましょう。

 

しかし、本当にやってほしいのは...

 

冬の期間にしておくこと

では、本題にいきますよ。

 

春になり気温が上がるにつれて、飛距離は戻ります。

安心しましょう。

 

冬のゴルフよりワンクラブ小さいクラブで狙っていけるので、

気分はすごく楽になります。

 

しかし冬の期間にやっておくことがあります。

それは、

 

「スイング作り」だぁ~。

この時期にしか出来ないでしょう?

こんなこと...

 

こんな地味な練習する?

 

そう、するんです。

といっても、いつもの練習に少し追加するだけです。

ドライバーの練習は控えめにしましょう。

 

「ぐっ」と気持ちを抑えて...

地道に「インパクトゾーン」の練習を。

 

練習は「裏切らない」

スキルもしっかり冬の期間で身に着けよう。

 

冬の芝は難しいですね。

 

少しでも参考になればありがたいです。

 

インテンショナル・スライスとフックの打ち方

意図的にボールを曲げるショットの打ち方

2打目を打とうとしたら、目の前に「木」が...

ドライバーでナイスショットをしたのに、グリーンが狙えない( ゚Д゚)

何てことよくありませんか?

 

木の上も下も狙えない状況で、さあ「どうする?」

素直に、打ちやすい所に出して3打目勝負もありですね。

無理をしないのがゴルフ。

 

でも、たまには挑戦したいね。

挑戦するのもゴルフ。

そんなあなたに、いきますよ~

f:id:tetsute:20200326162336j:plain

 

 

インテンショナルとは?

意図的(故意)にスライスやフックを打つことを、

インテンショナル・スライス・フックといいます。

 

スライスやフックで目の前の木を避けてグリーンを狙うショットです。

 

決まれば、気分最高です。

でも、たとえ成功しなくても、そこそこの結果が待っています。

 

まずは、スライスの方から

 

インテンショナル・スライスの打ち方

フェード打ちの方にはイメージしやすいと思います。

では、簡単にいきますよ。

 

  1. 当然、いつものルーティンで、「木の左からスライスで...」とイメージを、
  2. フェースは目標方向のグリーンに合わせる
  3. スタンスは、ボールを打ち出したい方向に
  4. スイングはスタンス通りの通常のスイングで

以上、といいたいところですが、

 

注意する点が、いくつかあります。

3番目の、スタンスです。(ここが大事です)

 

まず、目標(グリーン)に対してフェースをセットしますが、

両足をそろえて、足の向きも目標にセットします。

ここからが重要です。

 

ボールを打ち出したい方向に、

ボールを起点(中心)時計と反対周りに動きましょう。

簡単に左足をオープンにしてはいけません。

 

なぜか?

左足だけをオープンにすると、

ボールの位置が右足寄りになりすぎるからです。

そのまま打つと、スタンス通りの出玉になりません。

 

また、木の餌食になります。

注意が必要です。

 

通常のスタンスで、フェースだけが目標方向に向いていればOKです。

通常のスイングを心がけましょう。

 

フェースが開いている分、飛距離は必ず落ちます。

 

万が一、ボールが真っすぐに飛んでもいいように、

そこにOBがないことを確認するのもお忘れなく。

 

インテンショナル・フックの打ち方

足元の傾斜が、つま先上がりの時は、フックで攻めるほうが簡単です。

が、ここでは平坦地で説明します。

 

スライスの時と同じで、

  1. いつものルーティンで「木の右からフックで...」とイメージし
  2. フェースは目標方向のグリーンに合わせる
  3. スタンスは、ボールを打ち出したい方向に
  4. スイングはスタンス通りの通常のスイングで

以上、とこれまた言いたいところですが、

注意点がありまして、やはり、スライス打ちの時と逆で、

 

ボールを起点に時計回りにセットします。

相当違和感を感じるハズです。が、慣れましょう。

ダフリやすいので、ボールから少し離れたほうが打ちやすいです。

 

ドロー打ちの人は少しフックがきつくなると思います。

打出し方向に注意が必要です。

 

フェースが起きるので距離がでます。

 

曲がり幅と距離感

私的には、インテンショナル・スライスは、ボールの位置が少し左足寄りに、

インテンショナル・フックは少し右足寄りが打ちやすいです。

 

以上で打ち方は終わりですが、ラウンドで実践するためには、

練習場で曲がり幅や、距離感を養う練習をしましょう。

 

追加ですが、

時計回りで足をセットするときに、グリップは握らずにフリーにしておいて、

スタンスが決まった時点でグリップしましょう。 (重要です)

 

意外と、簡単に打てるようになります。

 

少しでも参考になればありがたいです 【風にのせて】tetsute'blog