風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】素振りの中に本来のスイングがあることを忘れない

f:id:tetsute:20220121125216j:plain

スイングづくりは素振りが一番

素振りは無心のスイング

素振りはボールもないしハザードやOBもないので、なんの欲もなく振れるためフォームもフィニッシュも決まります。

素振りのフィニッシュで体制を崩している人を見たこともありません。

素晴らしい素振りをしている人がいざボールを前にすると人が変わったようなぎこちないスイングに変貌します(;゚Д゚)

ナイスショットなんか出ないですよね?

 

 

ゴルフを始めたばかりの頃の教え

昔ゴルフの上級者に教えてもらったことは、毎日素振りをしなさい...でしたが、始めたばかりの人はやはりボールを打ちたいものです。

そんな地道な練習は、いいことはわかりますが..なかなかできません。

とにかくボールを打ちたい一心でしょう。

 

いきつくところは

そんな自己流の練習をしてきた結果は....今更直せることができない悲惨で基本のできていないスイングです。

その為今では野球用の重いバットで素振りをする羽目になってしまいました。

この年になってスイングの改造です。

しかし昔のような柔らかい体ではなくなってきているので限界もあります。

tetsute.hatenablog.com

 

初心者の人に

基本のスイングをレッスンに行き習ってほしい。と言いたいです。

私もそうすればよかったと思います

今からでも遅くありません。

そんな金の余裕なんかないよ....という人は、練習場の鏡の前で素振りをお勧めします。

理由は素振りが一番自分にとって一番最適で無理のないスイングだからです。

 

ボールを意識したらいいスイングはむずかしい

ボールを打ちにいく、いい球を打ってやる、飛ばしてやる...という欲求は素振りとは全く別物のスイングになります。

既にお分かりの方もいるハズでしょう。

しかしそこにはボールがあります。

ココが難しいところです。

 

素振りでスイングを固める

練習場の練習にしっかり素振りのメニューを取り入れましょう。

その素振りが自分の本来のスイングです

ボールを前にして素振りのイメージでスイングした結果の弾道を修正していくことをお勧めします。

それがグリップなのか?アドレスなのか?を....自分でです。

 

 

すべては「欲」がスイングを壊します

素振りのスイングこそが自然で理にかなった自分本来のスイングなのです。

もしラウンド中にスイングがわからなくなるようなことがあればとにかく素振りをする習慣をつけてください。

きっと立ち直ることもできるでしょう。

素振りの中に本来の自分のスイングがあることを忘れないようにしてください

それがニュートラルスイングです。

 

合言葉は「本当は素振りが一番」です。

いつもありがとうございます。
ナイスプレーを願っています....風にのせて tetsute’s blog

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

TOP