風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

ゴルフ理論は感覚論なので皆言うことが違うのが当たり前

f:id:tetsute:20220116162249j:plain

今の自分にあったゴルフ理論

しかしそのゴルフ理論の中に大ヒントあり

巷に存在する数多くのゴルフ理論ですが、すべてではないにしてもやはり個々に理論や言っていることが相違することがわかります。

例えば、バックスイングの上げ方に重きを論ずるティーチングプロもいれば、ダウンスイングに力を入れる人や、フォロースイングに重きを語る人....

アドレスですべてが決まるという人もいれば、アドレスはどうでもいいという人...

そのほかにも多くの「どっちだよ?」といいたくなるようなことがいろんな本などを読んでいるとでてきます。

「いったい、どっちが正解?」と....

 

どちらも正解

ある人にとっては正解で、ある人によっては不正解です。

それは本の筆者にとっては100%本当で、読者に上達してもらえるように本気で自分の理論をさらけ出し教えてくれます。

なのですべての理論は正解なのです。

 

 

自分にあう理論を見つける

本やYouTubeの理論や練習法を信じ、そして実践してみることです。

その中に何かのヒントを見つけることが大切な作業になります。

その理論が今の自分にあうのか?合わないのか?

もしかしたら歳を重ねて何年か経過してから、以前あわなかった理論が役に立つことは多くあります。

年配の人にフィニッシュは逆Cの字にしろと言っても無理ですよね?

 

すべての人に共通する理論はない

すべての人にあう理論や練習は存在しませんが、その理論の中にはたくさんの上達する為のヒントがたくさん詰まっているのは確かです。

それは成功している人が書いている本ですから間違いありません。

しかし大きな声では言えませんが、「鵜呑み」にするのも問題ありです。

 

練習法

とにかく試すそれも一度や二度でなく、納得するまで....

そこに見えてきます。その練習法が今の自分に正解なのかどうかが...

そして実践のラウンドに投入し、失敗しても信じてまた練習しまたまた実践で試してみます。それでもだめならまた違った理論に変更してみます。

 

最後に

この理論は最高...と思っていてもまたまた悩むことがあるかもしれません。

すべては今の自分にあうあわないの問題です。

そんな日が来てもいいようにたくさんの「ひきだし」を用意しておきましょう。

 

合言葉は「今の自分」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを期待しています。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

TOP