風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】お悩み解決できるかも「絶対右に打ちたくない」

ゴルフはもっと楽に、もっと楽しく....

 

右に打ちたくない時の対処法

左は斜面が受けていてほぼ安全だが、右には池やOBゾーンがあるときには、どう考えてどのような対策をすればいいでしょうか?

うっそうとした林や森も同じですね。

右打ちの人を例に考えてみます。

 

 

まずは自分の持ち球を知る

持ち球がある人はもう既にわかっているハズです。

そうですね...

何も考えずに自分の曲がり幅を予想し、ティーイングエリアを有効に使ってボールの着弾点をイメージすれば池やOBを避けることは簡単なことです。

しかし、

持ち球がない人にとって右の池やOBは脅威にしかなりません。

「どっちに飛ぶかはボールに聞いてくれ....」的な人の事です。

 

フックボールできればドローボールを意識して

ドライバーを使う場合、アドレスだけで回避する方法とグリップとフェースだけで回避する方法の2つの方法がありますが、

どちらもインパクト後に頭を残すことは必須です。

 

アドレスだけで回避する方法は?

いつものアドレスをした後に、右足を少し後ろ(かかと方向)に引いてからスイング開始しますが、保険も掛けるならボール位置もほんの少し左におきましょう。

人によってはボールを右に寄せ、なおかつ体から遠ざけるとスイング軌道がインサイドアウトになるため効果のでる人もいます。

 

グリップとフェースで回避する方法は?

いつもよりも少しフックグリップにして、フェースをほんの少しだけかぶせてスイングしてみましょう。

これも人によってはフェースを開いて構えるほうが有効な人もいます。

それは、フェースを開いているために意識的に右手を返す動きを入れるためです。

フェースをかぶせるか、開くかは、どちらが自分にあっているかを練習場でやってみるしか方法がありません。

やりやすい自分にあった方を探ってみてください。

 

やらないほうがいいことは?

一番簡単で単純と思われる左のフェアウェイを狙う方法でうまくいく人はそれでもかまいませんが、一番危ない方法でもあります。
(スクエアにセットできていればいいのですが...)

アドレスはフェアウェイのやや左を向いていて、肩の向きが打ち出したい方向を向いた時などには大抵の場合ひどいスライスがでてしまいます。

右の池に入れたくないため、打ちたい方向のスタンスよりも目線がもっと左にいった時に起こるミスです。

入れたくない池に入ってしまう典型的なパターンですね。

 

強い心で池からフックを打つつもりでいきましょう。

勿論、練習も必要です。

 

 

最後に

アドレスをスクエアにして目標はフェアウェイセンターにし、先日の記事にも書きましたが、腰のあたりまでのワッグルをいれてアドレスに戻りますが、アドレスに戻る際に腕だけをアドレス位置まで戻す感じにすると、アライメントが少しずれて肩の向きが少しだけ右方向にセットできます。

いわゆる少しだけクローズ状態になる訳です。

その状態でスイングをすればインサイドアウトが完成し、さらに頭を残すことによってさらに強いドローボールになるということです。

tetsute.hatenablog.com

 

参考までに....これも試してみよう

tetsute.hatenablog.com

 

合言葉は「強い心で...」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを願っています.... 風にのせて tetsute’s blog

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

 

TOP