GOLF 風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ上達できたらいいな....

【ゴルフ】ドライバーのスライスの悩みほぼ完全に解決します

ゴルフはもっと楽に、もっと楽しく....

 

今回はスライスに悩んでいる人に向けていくつかの対策を紹介します。

ドライバーしかりアイアンしかりのスライスの悩みまたはフックボールやドローボールに変えたい人またはそれを打ちたい人向けになります。

 

 

以前の記事の紹介になりますが見逃している人にすべての方法を紹介しますので、その中で自分にあった方法を探ってみてください。

お役に立てれば幸いです。ではいきますよ...

 

ドライバーのスライスミスを限りなく少なくする方法

特にドライバーで悩んでいる人が多いのではないでしょうか?

それは、ドライバーだけは特別のクラブと位置づけしていることも関係しています。

アイアンでは多少スライスしても大けがにつながらないためですが、実はアイアンのスライスも同じでこれから紹介する方法によって曲がり幅を抑えることやドローボールに変えることも可能です。

しかし何といってもまずはドライバーのスライスをなくしていきましょう。

 

ドライバーのプッシュスライスを打たない方法

まずは「肩の動き」を変える

tetsute.hatenablog.com

 

アドレス時のドローボール用ワッグル

テイクバック直前の「ワッグル」を導入

tetsute.hatenablog.com

 

ボールの位置でドローボール

tetsute.hatenablog.com

 

グリップとフェースでドローボール

tetsute.hatenablog.com

すべて私がやってみた方法ですが、一番自分にしっくりきた方法は、

「肩の動き」と「ワッグル」です。

どの方法が皆さんの成功につながるのかといえば「わかりません」というしかありませんが必ず見つかるハズです。

気持ち悪いスライスから逃れる方法が....

 

 

アイアンでフックやスライスの練習法

アイアンでフックやスライスを故意に打つことをインテンショナルフック・スライスといいますが、この方法はターゲット方向に大きな木や障害物が立ちふさがった時の方法です。この方法の中にフックやスライスになる要素がみっちり詰まっていますので練習場で練習する必須の練習法です。

tetsute.hatenablog.com

 

最後のひとつ「練習場でのドライバー」

練習場にてドライバーの練習時にやってみる重要なことは、スライス・どスライス・フェードを故意に打ってみることです。

それもフルショットで大げさに....いがいにもコースででるような「どんだけ曲がるの~」というボールはなかなかでないことに気が付くハズです。

tetsute.hatenablog.com

 

まとめ

スライスのミスを完全になくすことは無理です。プロでもミスはします。

その日のリズムやテンポ、リキミや気分によってミスは起こりうることです。

が、しかし、

限りなく少なくする方法は存在します。

右打ちの人であれば「右のミスは減ったよ...😀」的な方法です。

「あ、やっちゃた....」的なミスは油断すればいつでも出ます。

スイングにその要素を毎回意識するだけでもミスは少なくなり、いずれその要素が自分のスイングに組み込まれるのです。

気が付けば「右のミスは減ったよ...」ということになりますからあきらめずに頑張りましょう。

 

合言葉は「もう右のミスはしない」です。
(レフティーの人は逆です)

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを願っています.... 風にのせて tetsute’s blog

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

TOP