風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】低い球で100yを打つ方法

f:id:tetsute:20201212105837j:plain


低い球でグリーンを狙う 

何のために低い球で100yを打つのか?疑問になった人はいますか?

それは、ミスショットで林に打ち込んでしまったり、ナイスショットでも目の前に木が立ちふさがってグリーンを狙えない時に役立ちます。

特に枝や葉っぱの下をくぐらすショットになりますね。

実際ラウンドでは多用するショットですから覚えておいても いいでしょう。

 

グリーンを狙う

そんな状況であっても、100yくらいの距離なら条件さえそろえばグリーンを狙うことができます。

その条件とは、ボールとグリーンとの間に危険区域(ハザード等)がない時です。

低い球でグリーンエッジ付近までキャリーさせて、あとは転がせてグリーンに乗せる技術になります。(もちろん練習と経験は必要ですが...)

 

レイアップ

グリーン方向に打てないもしくは打ちたい方向にバンカーなどがある場合はグリーンを狙うことは無理かもしれません。

さらに、どうしても打ちたい方向に邪魔をしている木の枝等が張り出している時などは、枝より低い球で脱出しなければいけませんね。

そのような場面は1日に何度も起こり得る可能性があります。

 

そんな時のために練習だけはしておかないといけませんね。

え?

「俺はそんなところから打たない」(-_-メ)

という方....いないでしょ?

f:id:tetsute:20201212105146j:plain
 

低い球の打ち方

まず、50yくらいのキャリーで打ってみましょう。

使用クラブは7アイアンです。(使用クラブはなんでも構いません)

 

アドレス(レフティーの人は逆ですよ) 

基本ハーフショットになります。

そして距離よりも大きなクラブを選択します。(ロフトの立ったクラブです)

◆低い球の打ち方◆

ボールに対してアドレスをしますが、

  1. 左足は普通に開き、つま先も少し開きます
  2. 右足はそのままの位置で、左足のつま先と同じ方向につま先を向けます
  3. スイングは左足体重のままハーフショットをすれば低いボールが打てます

f:id:tetsute:20200523153539p:plain

POINT:コックは極力使わないほうが低く打てます。

 

安全なフェアウェイに出すときにも使えますし、
アゲンストの強風の時も使えます。

 

これで低い球を打つアドレスは出来上がりです。

 

あとはどこにボールをバウンドさせるかで振り幅が変わってきますから練習場で試してください。

80yは「これくらい」...「100yはこれくらい」といった具合にです。

もっと低い球を打ちたい時は、クラブのロフトが立ったものに変えましょう。

練習場で「このクラブだと...これくらいの高さが出る....」といった感じで、高さを把握しておくのが重要です。

 

詳しくは以前書いた記事を参考にしてください↓↓↓ 

tetsute.hatenablog.com

 

まとめ

このスタンスは覚えておくと他の場面でも使うことになります。

是非覚えておきましょう。

 

無理にグリーンを狙うのはやめて打ちやすいところにレイアップすることをお勧めしますが、この球が打てるようになるとグリーンも狙える可能性が出てきます。

 

どうですか?

低い球のイメージ湧きましたでしょうか?

早速練習しておきましょう....忘れないうちに。

 

合言葉は、「低い球で狙う」です。 

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

TOP