風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

冬ゴルフのラウンドでの注意点

f:id:tetsute:20201219213859j:plain

 

冬のゴルフでラウンドするときに注意すること

「冬は寒いんでいかね~よ」という人もいるかと....

そもそも冬はゴルフが難しくなります。(少なくとも私は...)

特にグリーンを攻める時には注意が必要ですね。

「グリーン凍ってるし~ 」(>_<)

 

ゴルフ場のほうもグリーンが凍らないようにシートなどで養生をして次の朝のゴルファーのためにやってくれてます。

霜が降りると、それが凍り靴の底に付着します。

経験している人はわかると思いますが....

 

暖かい時にくらべ何が違う?

暖かい時期に比べいったい何が違うのでしょうか?

寒い時は、

  • 体が硬くて回らない
  • 厚着をするので体が回らない
  • 空気の密度が高いから抵抗が大きい
  • ボールも気温が低いので硬くなる

という理由もあり夏に比べ飛距離が落ちます。

私の場合は少なくともワンクラブ飛びませんし、リズムも寒いせいか早くなる傾向があるように思います(>_<)

 

ラウンド前にできる事

その為の対策は、

  • ストレッチを本気でやる
  • 動けないくらい厚着をしない
  • ボールを少し柔らかいのに変える
  • ポケットにホッカイロを忍ばせボールを温める
  • ミート率を上げるために、満ブリしない
  • いつもよりワンクラブ番手を上げる
  • いつものクラブで届かせようとしない

できることはやっておいたほうがいいですよ。

特にお勧めは、ボールを柔らかいのに変更することと、いつものクラブで届かせようとしないことです。

体が動きづらいので腕の筋肉で補ってしまい、使わなくていい筋肉を使ってしまい、いつものスイングがさせてもらえません。

当然寒いのでリズムも早くなりがちになります。

 

グリーンが凍っている時

非常に厄介です。

直接グリーンに落ちても、

「跳ねてるや~ん」(;゚Д゚)となります。

グリーン手前から攻めていかないと弾道が低い場合は止まりません。

狙いどころがカギになるといっても過言ではないでしょう。

 

まとめ

寒く、氷点下の朝には注意が必要です。

自分でできる対策はやっておきたいですね。

というか、やっておかないといけません。

コースマネジメントも重要になってきます。

 

寒いのは朝起きるのがつらいtetsuteです。

 

合言葉は、「グリーン凍ってるやん」です。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP