GOLF 風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】「前方に障害物」低いフックボールのアプローチでグリーンを狙う

ゴルフはもっと楽に、もっと楽しく....

 

どんな状況かというと、まずはドライバーでナイスショットをしたつもり、
しかし、ボールの場所にいってみると....前方に木が(;゚Д゚)

始めていくコースではよくある話でしょう....ブラインドホールなど。

 

 

手段としては、安全に横に出すしか方法はありませんし、その方が戦略としては正解でしょう...そしてスコア的にみても大正解です。

しかし、木の枝の下を低いボールでフックさせてグリーンやピンを狙ってみたくありませんか?せっかくインテンショナルフック・スライスを練習しているんですから...

しかし今回の打ち方は以前記事にしたインテンショナルフック・スライスを打つ打ち方とは少しばかり違います。

 

残り100yを低いフックボールで攻めるアプローチ的な打ち方

決まるとめっちゃ気持ちいいですよ。

同伴者も「これは無理でしょ...」と思っています。

絶対に1打損をしてでも横にだして3打目で勝負しかない場面での2オンはライバルも目がテンになることでしょう。(でもスコアを考えるなら絶対に無理をしない選択で横に出して3打目勝負でしょうけどね....)

 

とにかく低いフックボールを打ってみましょう。

 

使用クラブ

木の下を狙うわけですからロフトの立ったクラブが必要になります。

私の場合は7アイアンか6アイアンです。

木をかわせるのであればどのクラブでもいいのですが、低いフックボールのアプローチ的な打ち方ですからやはり7アイアンくらいが最適かと思います。

 

打ち方

ここでは約100yと決めてみますが、7アイアンで100yを打つには人それぞれなこともあり一概には言えません、私の場合ということで説明します。

普通ならクラブフェースをターゲット方向に向けるのですが、今回の打ち方は普通に右を向いてスクエアにアドレスします
右打ちの人で説明していますよ。

アドレスは決まりましたね。

 

次にどうスイングするか

体重移動は抑えて「手打ち」でボールを打ちます。

手打ちですよ...そう体を大きく使わないで、手だけでクラブを振ります。

腰も肩もできるだけ回さないようにしましょう。

クラブのトップ位置はグリップが腰のあたりです。スリークォーターまで上げるといき過ぎですが、ここは練習場で距離を把握する必要があります。

インパクト周辺ではクラブフェースを「しっかり閉じる動き」に集中です。

 

練習方法

練習場でクラブを腰のあたりまで上げて、手打ちをしてみましょう。

そして頭を残すことを意識すればもっと曲がります。

必ずフックします。

その距離と曲がり幅を確認しながらクラブごとのボールの高さやキャリーとランを確認してください。

勿論最初はフェースもアドレスもスクエアです。

そしてもっと曲げたい時にはややターゲット方向にフェースをあわせアドレスをもっと打ち出したい方向にセットしてみてください。

 

 

たまには遊び心を

練習場でいろんなボールを練習しているのですからコースで試さない手はありません。

時には失敗もするでしょう。

コースでは練習場のようなインテンショナルフック・スライスを打つことは非常に難しい(OBゾーンに向かってアドレスするわけですから...)ことは事実ですが、怖がっていてはいつまでたっても打てるようになりません。

最初は、もし真っすぐなボールになったとしてもOBにならないような条件のときに試してみるのもいいですね。

tetsute.hatenablog.com

最後に

ボールを故意に曲げることができるようになると、たとえミスショットをしても、何が原因でミスショットがでたのか?ということが瞬時にわかるようになります。

ボールを操る力を手にすればコースマネージメントの幅も広がることでしょう。

たまには遊び心を出してもいいのではないでしょうか?

 

合言葉は「超低いフックで...」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを願っています.... 風にのせて tetsute’s blog

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

TOP