風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

ゴルフで負けたくない気持ちがありますか?

f:id:tetsute:20200714153419j:plain

 

ゴルフは「負けたくない」気持ちがないとダメ

「ゴルフなんて楽しけりゃぁいいんだよ」....(半分は本音でしょう)

私には理解できないし、負け惜しみにしか聞こえない。

悔しい、なんで?

負けたくない、何に?

勝ちたい、誰に?

 

ゴルフも勝ち負けのあるスポーツです 

  • 飛距離で負けて「悔しい」「勝ちたい」
  • ニヤピン「寄せたい」「負けたくない」
  • ライバルにスコア「負けたくない」

と考えるのは自然なことだと思います。

誰にでも少なからず芽生える心の声...聞こえてますよ。

私の心の声も、聞こえてましたか.....「負けたくない」....

 

当然です。ゴルフはスポーツ、必ず勝敗が関与しますからね。

スポンサーリンク

 

ライバルに勝ちたい 

同伴者(ライバル)よりいいスコアであがりたい、1yでも飛ばしたい、寄せたい(ピンに)と考えるのは普通で自然です。

しかし、その気持ちが「ちくしょ~」と顔に出る時は危険信号ですが、上達には欠かせない気持ちだと思います。

誰もがライバルには勝ちたいはず、「スポーツ」とは、そうゆうものですから...

 

ポーカーフェイス

負けたくない気持ちは、ライバルにひしひしと感じとられます。 

「お~、悔しがってる...悔しがってる...」と、そこで本気で「ちくしょ~」と口にだしてしまうと、最悪です。

ライバルの「流れ」になるのは目に見えていますね。

焦りがメンタル的に自分を苦しめます。

 

一番注意しないといけないところは「クソ~っ」と体に力が入りすぎることです。

そうなると、普段のショットは見込めません。

平常心は常に保ちましょう。

 

「負けたくない」の考え方を変える(抜きつ抜かれつ)

ライバルにいいショットが出れば、やはりここは「ナイスショット」といってあげましょう。(心からです)

ライバルがナイスプレーをすれば、自分はもっといいプレーをすればいいのです。

ここでお互いの相乗効果が得られます。

調子の悪いライバルに勝っても楽しくないですからね。

 

まとめ

ゴルフは勝っても負けても、また行きたくなりますね。

勝った時は「また勝ってやる」負けた時は「今度は勝ってやる」

どっちにしても、行くんです。また....

「楽しければいいんです...」

でも「ゴルフなんて、楽しければ....」ではないんです。

「負けて、悔しがって、次は勝つために楽しめればいいんです」

です。

負ければ、やはり「クソ~」ですよね?

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP