GOLF 風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ上達できたらいいな....

【ゴルフ】パッティング実践編「ラインのイメージ」

f:id:tetsute:20220307163844j:plain

パッティングラインは太い線でイメージする

それもその太さはカップの幅の約10センチでもいいですし、パターフェースの幅でもいいです。自分のイメージしやすい太さを探しましょう。

まずはボール幅ぐらいからやってみますか?

理由は...

 

細い一本の線をイメージしてませんか?

「あの小さな小さな色の変わった芝の上を通して...」もう手はガチゴチに、それでは体も動きませんよね?

そこに集中するあまりに距離感なんてあったもんじゃありませんからね。

 

 

太いラインをイメージする

勿論ライン読みの時には「その一点」を当然見つけなければいけません。

その方向にフェースをあわせることが絶対ですから...

そこから太いラインをイメージするもよし...そこは自分のやり方でアドレスまでのルーティンをしましょう。

フェースを打ち出したい方向に合わせアドレスをしたならそのアドレスを信じてあとは距離感だけでスイングしますが、そこからは太いラインをイメージして細い一本線のラインは無視しちゃいましょう。

 

カップの幅ぐらいの

カップ幅の太い線ですから緊張は最小限になります。

結構アバウトに感じるかもしれませんが、もう既にフェースは決まっています。

スムーズに体が動いてくれるハズです。

 

 

テイクバック<フォロー

余談ですが、プロのパッティングスイング(ストローク)でフォローよりバックスイング(テイクバック)が大きい人はいません。と思います...

バックスイングが大きければ大きいほどインパクトのフェースに誤差が生じやすくなるのはわかると思います。

その他の弊害には、バックスイングが大きいと「あっ、デカすぎる」と思いインパクトがゆるみます。

すべてのショットに共通するのが、

インパクトはクラブを加速させるのが必須になります。

少しバックスイングが小さいくらいのほうが加速させやすいです。
(等速のインパクトも時には必要ですが...)

 

まとめ

ラインイメージの太さは人によってイメージしやすい、しにくいがあるため自分にあった太さを探してみましょう。

あとは「距離感重視」なのか「方向重視」なのかをきっちり決めてストロークします。

既にパターのフェースは打ち出したい方向に向いていますから大丈夫です。

さすれば肩の力も抜けていますからスムーズにヘッドがでるハズです

 

合言葉は「ぶっとい線」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを願っています.... 風にのせて tetsute’s blog

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

TOP