風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

レイアップを失敗したら意味がない

f:id:tetsute:20200829195909j:plain

 

中途半端なレイアップは地獄を見る

少し大げさだったでしょうか?

いやいや、それくらいの「面倒なこと」になるはずです。きっと(>_<) 

 

初心者ほどグリーン(ピン)に近づけたがる傾向が見られます。(ピンに近いほうが安心できますからね)

しかし今日でそれも卒業しましょう。

 

意味のあるレイアップを選択するには?

必ずレイアップすると同伴者に「は?刻み~?」と茶化されます。

レイアップの失敗は「それ見たことか....」「狙ったほうが良かったんじゃ...」といわれても仕方がありません。

ライバルは、無謀に狙ってのあなたの失態を喜びます。

くれぐれも、くちぐるまに乗らないようにしましょう。

 

ところでレイアップとは?

例えば、グリーンまで残り230yあったとします。

手前に、バンカーや池が....木に当たる心配もありますが、

狙います?刻みます?の「刻む」ことを言います。

しかし「単なる刻み」ではなく、次のショットが打てる最高の条件のところに打つことを「レイアップ」といいます。(できるだけ、を付け加えときます)

レイアップは戦略と理解しましょう。

 

最高の条件の場所とは?

次のショットをプレッシャーなく、かつ、今日、自信のあるクラブ(もしくはミスの少ないクラブ)で打てる距離を残したいところです。

プレッシャーのない場所というのは、ボールと落としたいグリーン面を結んだ線上にバンカーや池などのハザードがない、もしくは重ならないところです。

多少のミスならパーがまだ狙えるところです。

 

狙うか、レイアップか?を迷うとき

状況によって「狙うのか?」「刻むのか?」を選択する必要があります。

それは、本人にしかわかりませんし、確率の問題も含みます。

無謀でなければグリーンを狙っていく選択もいいでしょう。

あまりにもリスクがあれば、やはりレイアップです。

 

レイアップを選択したなら、人から何を言われようが、覚悟を決めて中途半端なレイアップをしないことです。

 

本気でレイアップする

次の一打を決めるためのレイアップですから、キッチリと決めましょう。

欲を出して、ハザードぎりぎりのところを狙うとか、「少しでも距離を出しておこう」なんて 色気を出すと痛い目にあいます。

本気のレイアップはグリーンの落とし場所からの方向と距離を残すことです。

ターゲットまでの安全なルートを確保するためのものだと認識することです。

その為には、手前から適当な距離を打つのではなく、グリーン(ターゲット)から考える必要があります。

 

意味のあるレイアップで3打目勝負

いいところで打つストレスのない3打目で勝負です。

最悪グリーンオンはしたいところですが、

もし少しミスってもハザードは避けてますから、大けがはないはず。

悪くてもボギーは取れる計算です。(パーも十分可能性は残っています)

 

まとめ

いつもレイアップを推奨するわけではありません。

自信と調子が良ければ狙ってもいいと思います。

勿論、グリーン周りの状況やライバルの状況にもよりますし、ライの状況も関係してきますので、そこは自己判断になります。

中途半端な刻みはもうやめましょう。

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

TOP