風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】パッティングの極意

f:id:tetsute:20200619142445j:plain

 

パッティングは○○だけやれば「そこそこいける」

パッティングで悩んでいる方、不調な方、苦手な方.....

○○だけの練習でどんどんパッティングが得意になります。

「うわぁ~」(;゚Д゚)

「また3パット~」「最悪~」💦

この言葉と「おさらば」しましょう。

 

唯一プロゴルファーと勝負ができるパッティング

ドライバーで真っすぐ300y、アイアンで200yをベタピン、男子プロの飛距離と正確性のすごさには驚きますね....年々ミドルホールの距離が増えてきます。

 

しかし、パットだけは練習次第でプロとでも勝負できます。

その練習はやはりやるべきでしょう。

○○は「もうおわかりですね?」

距離の打ち分け

○○は、距離の打ち分けです。

「距離の打ち分け」だけを練習することによって、パッティングが随分得意になるはずです。

いいですか?よ~く聞いてくださいよ~....

 

最悪でもOKパットが残る

距離の打ち分けができれば必ず寄ります。

比較的平らなグリーンをイメージしてください。

 

もし距離があっていれば、入ります(^^)/ もしくはOKと言われるくらいのところにボールは止まりますよね?

 

「どちらに曲がるかわからない」と迷うようなラインならピンめがけて打てば、低いほうにボールは切れていきますが、距離があっていれば入らなくてもやはりOKの距離が残るだけです。

 

もし少し傾斜があるライン(フック、スライス)でもピンめがけて打てば、OKパットでなくても上りのラインが残りますから比較的楽にカップインできると思います。

もし傾斜がきついライン(フック、スライス)であれば、ある程度どちらか一方に曲がるのは目に見えていますから少し曲がりを予想して打てば、それなりにカップに寄るはずです。(もちろんラインが合えば入ります)

 

f:id:tetsute:20201116190013j:plain

距離感と方向

パットは距離感と方向で「入る入らない」が決まります。

要するに2つが合えばカップに入ります。

ではどちらが大事でしょうか?

そうですね....「距離」が絶対に重要です。

 

私はパッティングの時、ラインを合わせる派ですが、そんなに繊細には合わせません。結構適当です。

ラインを合わせた後、ボールと打ち出したい方向の先にスパット(芝の色が変わっていたり小さなごみみたいなもの)を決め、それにパターのヘッドを合わせアドレスします。(まずは足をそろえてセットします)

そして両足を広げてアドレス完成です。

 

アドレスが完成すると、時間をかけず....ここ重要ですよ....

距離感だけを考えて、心の中で「いっち、にっ」と言ってボールを意識せずに頭を残しスイングします。

もう一度言います。「距離感だけを考えて」です。

既に構えはできてますから方向は頭から消しましょう。

ここが非常に重要なところです。

 

距離と方向を両方考えながら打つと、どちらもうまくいきません。

したがって頭は「距離だけ」1点に絞りストロークします。

勿論方向が合ってないとカップインはしませんが、既にアドレスはその方向に合わせているはずなので(ボールのライン等やフェースを)信じて打ちましょう。

この「信じて打つ 」ことが大事になります。

自分の「ものさし」を作る

自分だけの「ものさし」を作っておけば、どんなグリーンにも対応できます。

「パターに形無し」 といいます。

勿論自分に合ったパッティングでいいわけですが、距離感は感覚ではうまくいく時といかない時の差が大きいです。

 

参考までに....

tetsute.hatenablog.com

 

私的には、振り幅で距離を出す方法をお勧めします。

自分流に思考錯誤するのもいいでしょう。

とにかく自分の距離感を出せるように練習しましょう。

 

100%パッティングに自信が持てるようになります。

自信が持てると「しっかりスイング」できますよ。 

これが「パットの極意」です。

 

ライバルに「あっ」と言わせてやりましょう。

 

合言葉は、「距離感のものさし」です。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP