風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】パターで3パット4パットに悩んでいる人は絶対読んでください

ゴルフはもっと楽に、もっと楽しく....です。

今回のパッティング方法はゴルフ人生が終わるまで一生使えるパッティング術です。

おおげさなことを言っているように思われるかもしれませんが本当です。

勿論自分のやり方が正しいと思っている人はそれでもいいでしょう。

すべての人にあう方法とも思っていません....

 

パットの苦手な人は距離感があってない

というより、距離感の練習ができていません

今日は距離感の練習のしかたをお話しします。

パッティングは感覚で打っている人も少なくありませんが、感覚で距離を打てる人には必要のない話になります。

しかし感覚派の人はグリーンが変わるとタッチが合わない日があります。

しかもその日はどうしても最後までダメな日も、私がそうであったように...

 

 

まずはグリーンの傾斜を読もう

いくら距離がバッチリあってもボールがどっちに曲がるかわからないではドンドンカップから離れていきますよね?

グリーンの大きな傾斜....上り下りとフックスライスくらいは事前に頭に入れておく必要があります。

 

歩測

私は必ずカップまでの歩測をします

そしてボール側からとカップ側から傾斜をみてラインを読みます。

時間があれば横からも見ます。

勿論グリーンに上がる前には大きな傾斜を見るようにしています。

 

参考のパットはまばたきするな

パットは遠い人から打つことが基本ですからほかの人のパットは参考のために見ることを習慣にしましょう。

その一打はグリーンの傾斜をあからさまにしてくれます

自分のラインばかり気にして他の人のパットを見ない人がいますが絶対に勿体ないことだと思います。

一番低いところを探し、水の流れをイメージしましょう。

そうすれば必然的にラインは見えてきます。

 

 

あとは距離感だけ

「のぼりのフックでカップ3個」と決まってしまえばあとはそこまでの距離を打てば計算上ではカップにインします。

自分の狙った方向に打ちだすことさえできれば、そしてラインの読みがほぼ正しければカップを外す結果になっても次のパットではストレスのないパットが残ります。

それがショートパットでも、ミドルパットでも、ロングパットでも同じことです。

ただ、ロングパットの場合はライン読みが非常に困難であり距離感も同様になりますから難しいことには変わりません。

ワングリーンのコースでは特にグリーンも大きいためグリーンのはしのほうにボールが乗ればロングパットが残りやすくなります。

 

距離感のだしかたと練習方法

詳しくは申し訳ありませんがこちらをご覧ください。

tetsute.hatenablog.com

感覚で距離を打っている人で「どうもうまくいかない」と思っている人は一度試してみましょう。私のパッティングそのものです😀

今日はパットが調子いい、ある日は全くダメでした...という人は是非読んで練習してください。どんなグリーンにも対応できます。

必ずパットに不安な日は来ないハズです。

 

バーディー狙いの3パット

私の考えですが、バーディーを狙った結果の3パットは許せますが、なんでもない時の3パットはダメです...4パットなんかもうはなしになりません。

ゴルフをするうえで3パットはなくならないでしょう。

しかし限りなく少なくすることは可能です。

 

合言葉は「距離感だけ」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを願っています.... 風にのせて tetsute’s blog

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

TOP