風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

ゴルフは「ミス」を減らすスポーツと考える

f:id:tetsute:20210422174302j:plain


ゴルフ(ショットの結果)に完璧を求めない

「ナイスショ~ット」 「完璧ぃ~」....よく見る光景です。

ナイスショットは実に気持ちいいですね(^^)/

完璧なショットが出ると...

「今日はなんかいけそうな気がする~」ってなりますね。

しかし....ホールを重ねていくうちに、「あれっ」「あれれっ」...と、調子を崩していくことってありませんか?

ミスが出始め、もう止まりません。(>_<)

「おかしいなぁ~、完璧なショットが出たのに....」

 

完璧を求めるとどうなりやすい?

練習で完璧だったはずなのに....どんどんとミスを重ねスコアも崩れていく自分に対して徐々に自信がなくなっていくってこと、ありますよね?

「えっ?」「ない?」

「はい、ありますね」(>_<)

それは、完璧を求めるゴルフをしているからです。

完璧を求めることによって、ミスが許せない心になっているせいです。

プロでもミスをする

プロでもミスはします。

アマチュアゴルファーがミスをしないはずがありません。

ミスは受け入れるどころか、ミスは当然出るものと考えるべきです。

そのミスの数を少しでも減らすことと、ミスの大きさを少しでも小さくすることに専念すれば、ミスは受け入れることができるハズです。

 

完璧はなくても90を切ることは可能ですし、ミスをできる限り最小限にしていけばスコアアップは簡単にできてしまいます。

 

ミスを少しでも減らすことを考える

ナイスショットができればグリーンオン。ミスをしてもグリーン手前の花道、もしくは次のショットが簡単な場所ならいいですね(^^)/

「最悪のOBとバンカーだけは避けよう 」といった考えです。

徹底的に大きなミスだけを避けるゴルフをしてみましょう。

 

リカバリーショット

ミスをした後には必ずリカバリーショットが待っていますが、このショットでミスをすると大たたきの原因になります。

リカバリーショットの本当の役割はミスを取り返すのではなく、次のショットが安全に打てるための布石を打つことです。(準備をすること)

グリーンが安全に狙えるのであればその限りではありませんが...勿論そんなところにボールがあるくらいならミスショットとは言いませんね(^^)/

 

まとめ

ミスをして頭に血がのぼっている人をよくみかけますが、我々はプロではありませんし仕事でもありません。

たかがゴルフ、遊びです。されどゴルフですが...(>_<)

ゴルフにミスはつきものです。

ナイスショットを目指すのもいいですが、ミスをした挙句そこからスコアを崩していくことだけは避けたいものです。

ゴルフは「ミス」を減らすスポーツだということを肝に銘じておきましょう。

以外と楽にラウンドできるはずです。

 

合言葉は、「ミスはつきもの」です。 

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP