風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】グリーン周りのアプローチショットは入れるつもりで打つ

f:id:tetsute:20210912210851j:plain

 

グリーン周りからの「よせワン」アプローチでカップを狙う

「何とかワンパット圏内に寄せたい」と思って打っていませんか?

まぁ、それはそれでいいと思いますが....

「あわよくば、入ってくれ」とか?まだいいですね。

しかし、

グリーン周りはもうグリーンです。

と、言いたいです。

もしも2打でそこまで来ているなら(パー4の場合)入れればバーディーです。

狙っちゃいましょうよ....

 

 

もし外してもパー

入れにいったパットは大抵強気の場合が多いのでオーバーします。

絶対ではないですが....

オーバーめに打ったボールが外れた時には返しのパットが残ります。

ラインはもう既に見えていますね(^^)/

カップより先のラインを見ていますから。

え?

もしかして外した瞬間に天を仰いでなんかいませんよね?

ボールが止まるまで瞬きもしてはいけません。

 

それと同じでグリーン周りのアプローチショットも同じです。

勿論、パターと同じという意味です。

 

入れるつもりで打つ効果

カップに入れるつもりで打つことによって、どんな効果があるのか?

それは、集中するところ(場所)です。

何とかよせワンを...せめてワンパット圏内に...と思って打つと、

ミスをしないように打ち方やスイングに目を向けるようになります。

 

逆に、カップに流し込んでやろう...と思って打つことによってカップに集中しますし、それによって、スイングや体の動きには目がいかなくなります。

そのほうがぎこちない動きにならず体がスムーズに動くからです。

 

打ち方

まずはボールをバウンドさせる位置を見つけ、そこからのグリーンのラインを読みますが、「あそこにバウンドさせると....」(頭の中で打ってみる)「もっと右手前だな....」とボールの落とし場所を見つけていきます。

「あそこに打つには、これくらい...」と、2~3回素振りをして強さの確認をします。

あとは落とし場所だけに全集中してアドレスをしスイングです。

勿論それなりの練習は必要になります。

 

万が一入らなくても

たぶんはいらないほうが多いでしょうが...<(_ _)>

カップ周りの情報は見逃してはいけません。

入らなかったとはいえ、瞬き厳禁です。

結構いますよ...外したと同時に悔しがって天を仰ぐ人....

勿体ないです。ヒント満載なのに...

次のパットの情報を必ず見ておきましょう。

 

 

可能性は0ではない

ひとつでもスコアを縮める努力を惜しまないことです。

50y以上のアプローチはほぼ無理に近いですが、グリーン周りのアプローチなら入る可能性が相当あります。

狙っていきましょう。

「あいつのアプローチはヤバい」

と思わせてやりましょう。

 

合言葉は、「瞬き厳禁」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを期待しています。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP