風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】ダウンブローって何?打つ方法は?

f:id:tetsute:20210115153452j:plain

 

ハンドファーストでダウンブローでボディーターン

女子プロのスイングを見るときれいですねぇ~(^^)/

3つともできてます。

子供の時からそのように打てと言われて練習してきました。

ハンドファーストは前回の記事で私なりに解説しました、インパクトの時にクラブヘッドがグリップより遅れてくる(クラブヘッドよりグリップが左に)クラブとヘッドの関係をいいます。

       参考まで↓↓↓ 

【ゴルフ】ハンドファーストはいいことだらけ - 風にのせてtetsute’s blog 

ボディーターンは、腰の動きが先行しフィニッシュまでつながっていく体の動きです。

では、ダウンブローって何でしょう?

 

ダウンブローとは?

「上から打ち込んでいく」と思っていますか?

イメージだけならいいですが、本気で上からクラブを振り下ろすと必ず右肩が前に出るスイングになってしまいます。

はらうイメージではなく、打ち込むイメージならわかりますが、

f:id:tetsute:20200530130220p:plain

「完璧ですなぁ~」

私の考えは、少し違います。

ダウンブローはハンドファーストが前提のインパクト時、左足に体重がかかってないと打てません。

そして意識的に打ち込んでいくのではなく、クラブの最下点がボールの左側にくる必要があります。(レフティーの人は逆ですよ)

ボールをはらうのではなく、「切る...斜めに切る」 感じでしょうか...

スポンサーリンク

 

ダウンブローのいいところ

ダウンブローでボールをとらえることによって、クラブのリーディングエッジをボールと芝(地面)の隙間を狙うことなく、打つことができます。

詳しくはこれを見てください↓↓↓ 

tetsute.hatenablog.com

ミスの許容範囲が大きくなるのがわかりましたか?

 

ダウンブローという打ち方

クラブは円を描いて降りてきますから実質ダウンブローはできています。

しかしながらダウンブローを意識させる意味は、ボールより左の芝をえぐり取る ことを意識させるためのものであると理解できます。(ターフを取るといいます)

あえて言うならば、

スイング時に、トップの位置にクラブがいく前に左足に体重が乗り、腰を中心に切り返しの動作が起こります。(ボディーターンですね)

ダウンスイングからコックを緩めずにクラブが降りて、インパクト時にハンドファーストでボールをとらえ、ボールより左のターフを取ることができれば完成です。

バックスピンもかかりやすくなりますよ😀

 

初心者の人のほうがスイングを作りやすい

既に出来ている人はいいですが、ゴルフ歴が長く、ゴルフを始めてレッスンも受けていない人は今更ですが、難しいと思います。(改造は時間がかかります)

ですから、特に初心者の人には意識してもらいたい項目になります。

体に覚えさせるのが一番だと思いますから....自己流にならないうちに、是非一度早めのレッスンをお勧めします。

 

今日の合言葉は、

「トップ位置からの...体重を左足にもっていき、コックをとかず、ボディーターンの、頭を残し、ハンドファーストのダウンブロー」です💦

長いですが、「ターフ」取っちゃいましょう。インパクトのあとで.... 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

TOP