GOLF 風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ初心者】グリーン周りでのアプローチ「ボールの落とし場所」

f:id:tetsute:20220314213129j:plain

ボールの落とし場所の基本はグリーン面

スコアを絶大に左右するグリーン周りのアプローチですが、そのワンバウンド目の着弾点はグリーン面が基本です。

しかしその限りではありません...あくまでも一番やさしく読みやすいのがグリーン面ということです。

 

ピンが手前にあるとき

当然ピンが手前の時にグリーン面にボールを落とせばカップを通り過ぎてしまいます。

ロフトのあるクラブに変えて少しでもピンオーバーをおさえる方法やフェースを大きく開いてロブショットという方法もあります。

しかしながら初心者の人には少し高度な技のためリスクが大きすぎます。

そんな時にはグリーン手前のラフや花道にワンクッションさせて打つという方法が比較的安全策といえるでしょう。

 

 

グリーン手前の花道やラフにボールを着弾させる

ワンバウンド目がどう跳ねるか?方向は?ということを予測する必要がありますし、落とし場所を考え、そしてそこの芝(ライ)が順目なのか逆目なのかも確認することが大切です。

順目ならイメージ通りに跳ねるでしょうが、逆目ならボールの勢いが極端にそがれてしまうため...最悪その場に止まってしまう事もあります。

 

経験とライと落とし場所

やはり少し経験がものをいいます。

その経験によってボールの軌跡をイメージできれば最高です。

自分の打ちたい場所に打てるという練習も必要になりますね...

面倒でもボールの落とし場所だけは最低限確認しておきましょう。

 

最悪グリーンに乗せること

まだ自信のない初心者の人はボールがグリーン面に乗っていればOK...ぐらいの気持ちでいいと思います。

例えばバンカー越えのピンが手前の状況でピンに寄せることは非常に難しいことですし、その状況でピンに寄せるにはロブショットかバンカーをギリギリ超えるところにボールを落とさなければいけません。

一歩間違えてバンカーに落としてしまえば大たたき確定にさえなります。

少し大きくてもグリーンセンターに狙いを持っていきましょう。

 

 

グリーンに落ちた後のイメージ

一番やさしいアプローチはボールの着弾点が直接グリーン面に落とせる状況です。

使うクラブによってランは違ってきますが、自分の好きな一番打ちやすいクラブをみっちり練習しておきましょう。

あとはパターでカップを狙うのと同じで、ボールを落とした後のラインをイメージすることが必要になります。

カップに寄っていくにはどこにボールを落としてやればいいか?を考えイメージできればボールはほっておいてもカップに近づきますしカップに吸い込まれるでしょう。

「言い過ぎですか?」

いいえ、全然言い過ぎではありませんよ。

それだけボールの落とし場所は大切な要素なんです。

 

合言葉は「入れてやる...」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを願っています.... 風にのせて tetsute’s blog

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

TOP