風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】グリーン手前にワンクッションさせて寄せるアプローチ

f:id:tetsute:20210513114739j:plain

 

砲台グリーンなどでピンが近い時に使えるアプローチ法

どんな状況を想像しますか?

そうです(^^)/「アプローチでピンに寄せたい」

しかし、グリーン面に直接着弾させると絶対にピンに寄らずボールはドンドンと遠ざかって行ってしまう...かといってロブショットはリスクがデカすぎる(>_<)

そんな状況からのアプローチになります。

 

ピンを狙うアプローチが必要な時

ランニングアプローチでもピッチエンドランでもボールの着弾点は基本グリーン面ですが、グリーンに直接ボールを落とすとピン(カップ)から遠ざかっていくことになる(カップを通り過ぎ)状況が砲台グリーンでピンが近い時です。

上級者ならロブショットという方法がありますが、これはリスクがかなりあります。

よって一番安全な方法として砲台の土手に9アイアンとか8アイアンでぶつけていくアプローチをお勧めします。

勿論ロブショットができる人はそれでもいいでしょう。 

成功しなくてもカップには近づく

この方法はあまりリスクがありません。

もしうまくいかなくても最悪カップに近づくことが多いです(^^)/

パターの延長の打ち方になりますから...ちなみにもしパターでも打てる状況ならパターを使う手もあります。

 

打ち方

打ち方はランニングアプローチの打ち方と全く同じです。

tetsute.hatenablog.com

とにかく自分の打ちたいところ(ボールの着弾点を決める)に打てるように練習することが必要になります。

 

跳ね方を予測

グリーンの傾斜や土手にぶつけるとどうゆう風にクッションするのかを判断しなくてはいけません。この予測が難しいわけですが、やはり経験するしかありませんね。

ワンバウンドめの芝の状態(ライ)を見極めることが大事になります。

順目なのか?逆目なのか?によって全く違った跳ね方をしますから。

傾斜に当ててボールの勢いを殺すことを考え、イメージすることです。

 

日頃からそんな状況を想定して練習をしておくことが大事

普段の練習に状況を思い浮かべた練習を取り込んでいきましょう。

イメージはすごく重要です。

9アイアンを使うとどうなるのか?PWならどうなるのか?をしっかり把握することが大事になります。

 

やはり経験値がものをいう

なんといっても初めからうまくいくものではありません。

実際のラウンドで経験値を増やしていきましょう。としか言えません<(_ _)>

何事もチャレンジですから、失敗を恐れずに頑張ってください。

必ずその経験は一生ものになりますから。

 

合言葉は、「どっちに跳ねる?」です。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP