風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】飛ばそう思うほど飛ばない理由

f:id:tetsute:20210202155602j:plain

 

答えは簡単...ミート率 

結構振ってるのに「飛ばない....」これでもかと振っているのに、これまた飛んでいない...などのお悩みに頭を抱えている人は多いです。

勿論、歳を重ねることによってのパワー不足もあるでしょうが、その悩みならばゴルフの攻め方を変えるとか、シャフトをやらかいのに変えるなどの方法があります。

しかし、若い人は当然「人に負けたくない 」といった気負いが感じられます。

朝一のドライバーショットは飛ぶと気持ちいいもんです。

 

飛ぶための条件

そう....答えは「ミート率」、いかにクラブフェースの「芯でとらえることができるか 」ですね。

クラブのフェースには「芯」があります。野球でいえばバットの「芯」です。テニスのラケットのフレーム近辺で打ってもあまり飛びません。

故意にそんな打ち方をする時もあるのでしょうが....

 

飛ばそうと思うと「ぶれる」

「ここは一発飛ばしてやろう」と満ブリ...体ごと使ってひっぱたく...という動きには必ず「ブレ」を伴います。

その「ブレ」がボールを「芯」でとらえられない原因のひとつになり、振ったわりに飛ばない理由です。「ミート率」という言葉を使います。

ショップ等で数値として測ることもできますが、ボールをとらえた瞬間に感じることができるので、その感覚を肌で感じることが大事です。

 

ちなみに、あの小さなヘッド...昔は今のドライバーほど大きくなくてスプーンくらいの大きさしかありませんでしたから、飛ばすことより当てることに気持ちがいっていました。(今のスプーンを打つ感じでしょうか?)

最近では「芯」の部分が広いという理由で売られているドライバーも多いです。

アイアンもしかりです。

 

飛ばすための条件

飛ぶための条件はお分かりできましたでしょうか?

では、飛ばすための条件にいきます。

飛ばすためにはやはりミート率を上げるという考えをもつ必要があります。

勿論、ヘッドスピードが速いにこしたことはありませんが、今のヘッドスピードで最大限にとばそうと思えば、やはり行きつくところは「ミート率」ということになります。

 

その為にやることはひとつ

「リズムのいいスイングをする」ということです。

「どんなリズムや~」ですか?

さぁ~?私は知りません....

「はい~?」(-_-メ)でしょうね....

 

私に言えることは「自分のリズムでスイングする」余計な力の入っていない、そして無駄な力も入っていないスイングです。

誤解があってはいけないので補足しておきますが、腑抜けたスイングという意味ではありませんよ。だらだらでもありません。

私も結構ゆったりとスイングしますがインパクトの瞬間には結構な力をいれています。

 

まとめ

第一条件としてアイアンの場合ではダフらず、かつフェースがターゲット方向に向いているということです。

そして、インパクトでは常に「しっかり加速」が条件になります。

考えとしては「飛ばそうと強く思わない」ことと「自分のリズムで」ということになるでしょう。

このことだけで無駄に力の入らないスイングに近づけます。

全てのクラブに共通することなので頑張ってみてください。

 

合言葉は、「自分のリズム」です。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

TOP