風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】自分の実力を過信しない

f:id:tetsute:20200413175017j:plain

 

実力を過信しないゴルフをする

練習場でも打ったことがないボールがラウンドで打てるはずがない。

怒ってます?(-_-メ)

グリーン手前に切られたカップに対して、少し大きめに打ってスピンで戻す....

「できるか~い...」

しかし実際のラウンドでは平気で考えてしまう狂気のさた、挙句の果てに手前の「バンカー」.....「やっぱり....大たたき」と、

 

あまりにも無謀といえるマネジメント

谷越えのショートカット、バンカー越えのアプローチ、木の間を狙ったリカバリーショット....常にピンしか見えていない人....多いです。

プロのゴルフツアーをテレビで見て「自分にもできる」と錯覚してしまう。

先日の記事で「自分はできる」と合言葉で書きましたが、それとこれとは話が別でして、練習で出来ることは少なからず「自分はできる」でもいいですが、今までやったことのないことはまぐれでもない限り「できません」

いきなりプロのショットを真似しないようにしましょう。

 

今までやったことのないショット

練習でもできないショットはなかなかうまくいくとは思えませんが、練習場で練習したショットなら実践で試しましょう。

ラウンドでやってみないといつまでたってもできませんからね。

実践投入ですが、やはり安全策を整えたうえでの試みをお勧めします。

いわゆる「保険をかける」ということで....

 

冷静な判断力

ミスショット後の非常に難しい状況やライからのリカバリーショットを要求される場面で、このホールを落とすと大変なことになる....

頭はピンしか見えていませんから、成功の確率が悪くても実行することしか考えていませんし、当然ミスショットのあとの心理状態は普通ではありません。

「何とかここを乗り切るショットを....」と無謀とも思われることを平気で試みようとしてしまいます。

たかがゴルフ、ミスっても命までとられませんが....

こんな時こそ、自分の実力を見極める冷静な判断力が必要です。

 

まとめ

頭に「血」がのぼると冷静な判断ができなくなります。

一度大きく深呼吸をして頭を冷やし、「ここは1打悪くなっても仕方がないな」と、「次のチャンスをものにしよう」的な考えをもって冷静になりましょう。

地道に耐えていれば必ずチャンスは訪れます。

今の自分にできることをし、自分と対話しながらプレーしましょう。

 

合言葉は、「チャンスはいずれ来る」です。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP