風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】つま先下がりのライでスライスをイメージして打っても真っすぐ飛んでOBになった人が読んでください

ゴルフはもっと楽に、もっと楽しく

 

今日の長~い読んでそのままのテーマですが少し細かく説明すると...

ティーショットで左の斜面に打ってしまいました。

セカンドはグリーンを6アイアンで狙える距離です。

ライはつま先下がりなので、普通ならスライスするハズでしょ?

しかもスライス幅が読みにくく、なおかつグリーン右はOBが近いためグリーンの左はしをスライスで狙うイメージです。

すると狙いは必然的に目標取りがコース左はしになります。(右打ちの人です)

 

しっかりスイングしたハズなのにボールは体の向きどおり左のOBゾーンに吸い込まれてしまいました。

このような経験をした人はいませんか?

 

 

そうです私です....

やってしまいました...最終ホールで。

これは記事にできると思い早速記事にしてみました。

 

なぜスライスするハズのボールが真っすぐに、しかもOBになったのか?

それは右のOBゾーンを気にし過ぎたこともありますが、そもそものミスは...

そうです。

しっかりスイングができないようなつま先下がりで手打ちになってしまったことが原因なのですが...

というよりは、腰を回すことができないようなライで手打ちになると予想できなかった私の責任でしょうね。

 

経験ないですか?

つま先下がりのショットでスライスしないで真っすぐにナイスショットをしてOBになったこと...あるでしょ?

 

スライスの要素が入っているために目標を左にすること自体は正解ですが、手打ちをすることによってフックの要素が入ったためのストレートボールがでたためのミスというか相殺を考えていなかったことが原因です。

 

 

最後に

皆さんもこのような場面に出くわすことが必ずあります。

是非頭に入れておいてください。

そして自分にとって一番安全と思われる方法で無理にグリーンを狙わないようにしましょう。

スライスしてもよし。

ストレートボールがでてもよし。

の戦略をとりましょう。

 

合言葉は「どっちの要素が勝ってる?」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを願っています.... 風にのせて tetsute’s blog

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

TOP