風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】アドレスひとつで打ちたい弾道を決めることができる

ゴルフはもっと楽に、もっと楽しく....

 

基本のアドレスはスクエア

グリップもスクエア、岡本綾子さんは「スケヤー」といいます。

さすが世界の岡本さんです...

 

 

スクエア(スケヤー)とは

ノーマルといいましょうか、標準といいましょうか、自然といっていいのでしょうか、すべての体の部位がノーマルでフックの要素もスライスの要素も入っていないグリップや体の向きやアドレスのことです。

 

アドレスだけでフェードとドローを打ち分ける

アドレスにスライスやフックの要素を少しだけ入れていつものスイングをすれば勝手に曲げたい弾道が打ち分けることができるということです。

勿論いきなり実践でやるのは無謀ですから、練習場で練習しどのくらいの感じでどんな弾道になるかを試すことは必要です。

 

例えば右打ちの人がドローを打ちたい時には、スクエアにアドレスした後で右足を少しだけかかと方向(後ろ)に引いてからいつものスイングをしてみてください。

クラブはいつもよりもインサイドからアウトサイドに抜けるためドローボールがでるハズです。もう一度言いますよ....いつものスイングですよ。

 

もう一つの方法(この方法が実に面白い)

スクエアでアドレスしたのち、コックを入れないワッグルを入れます。

このワッグルは実際にボールを打つ始動前(テイクバック前)に肩と腕の三角形を崩さないようにクラブが地面と平行になるくらいまでのテイクバックを予行演習します。

そしてクラブヘッドをもう一度ボールにセットするだけですが、

その時に肩はそのままに残し気味にして両腕だけでクラブヘッドをボールにセットしてみましょう。

勿論肩もアドレス位置に帰りますが、残し気味にすることによって、顔と肩はスクエアよりも少しだけ右に向きます(ここがミソですよ)

ドライバーなら飛距離もでるしドローボールにもなります。

是非練習場で試してみてください。

 

 

やり過ぎには注意

練習場では大げさにやってみるのもいいでしょう。

どの程度のワッグルが適切なのか?これ以上やるとフックがきつくなるのか?

試してください。

 

飛ばしのための要素が含まれているのは確かです。

最近のプロの中にもやっている人は多いです。

覚えておいてそして試して損はないワッグルのひとつです。

どのクラブにも対応していますが特にドライバーに効果があります。

 

合言葉は「飛ばしのワッグル」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを願っています.... 風にのせて tetsute’s blog

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

TOP