風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

強いゴルファーの条件

f:id:tetsute:20210408185034j:plain

 

アマチュアで強いゴルファーはどこが違う?

強いゴルファーとは?

あなたの周りには強いゴルファーはいますか?

負けないゴルファーです。

気持ちが強い、競うと強い、強いボールを打つ、とか連想しますが、やはり一般的には(私が思うに)「気持ちが強い」が正解であろうと思います。

 

気持ちが強い

メンタル面でいえば「メンタルの強い人」でしょうか?

それも半分あたっていますが、

メンタルだけでは片づけることができない強い人は存在します。

その人は、

気持ちが強い人....とでも言いましょうか、負けない人です。

 

負けない人

勝負運ではありません。

勝負師です

いつもへらへら笑っていますが、勝負師です。

勝ち負けにこだわる勝負師のことを言います。

 

勝負師は心が動かない

勿論ゴルフが上手いのもありますが、勝負師は心が動きませんし、動きそうになっても絶対に顔に出さないポーカーフェイスです。

心が動きそうになっても相手に見破られないですね。

麻雀とか最近は私もできていませんが、テンパる(リーチがかけられる状態、聴牌)になると必ず何か癖のような...わかる人がいます。

「目は口ほどにものをいう」でしょうか...「目が泳ぐ」でしょうか...

 

話がそれました<(_ _)>

 

強いゴルファーになるためには

失敗(ミスショット等)をしても大声で悔しがらないようにしましょう

声を出してしまうと当然脳に何らかの影響を与えてしまいます。

そしてライバルにも心の弱さを悟られ、そこにつけこむ「スキ」をあたえてしまいます。(ライバルにメンタル的な余裕を与えてしまいます)

ライバルが優位になる瞬間ですね。

野球で言うと試合の流れ...とでもいいますか、

ゴルフの中でもライバルとの試合の流れはあります。

では、どうすればいいでしょうか?

ポーカーフェイスです。

それも、にっこりと....笑ってかわしていきましょう。

そしてミスの事は秒殺で忘れ、次のショットに全集中です。

なかなか難しいです。

先ほどの悔しいショットをすぐに忘れてしまえ....というのは。

 

できますか?

簡単にはできないでしょうが、やりましょう。

そもそも、ミスをして予定より多くたたいたとしても、終わったホールのスコアは縮まることはありませんね。

そんなホールの事はキッパリ忘れるべきなのです。

これからどうするか?を考えたほうがいいに決まってますよね?

 

できます?

というより、やるんです。

  1. ホールアウトした後にすぐスコアカードに書き込みますね。
  2. ライバルとのスコアを比較し何打差があるのか?
  3. その後のプレーの戦略を練ります。

と、言った具合に、

ゲームの勝敗を楽しむことができれば簡単にできます。

スコアがせっている(近差)時はなおさら面白いです。

そう、楽しむことが大事です。 

特にライバルが「天を仰ぐ」しぐさなんか...いいですよね?

少し私は「S」でしょうか?

 

合言葉は、「ゲームの勝敗を楽しもう」です。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP