風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

冬ゴルフの飛距離は夏に比べて落ちるのか?と、冬にやっておくこと

冬ゴルフの飛距離対策と春に向けての準備をしよう

100%落ちます。

 

皆さんは冬ゴルフ好きですか?

ラウンドスタートしてしまえばいいですが、朝起きるのがつらい.... 

f:id:tetsute:20200330225106j:plain

なぜ飛距離が落ちるのか?

冬だから...?

練習場でも夏に比べると、思ったところに届きません。

寒いから...?

 

そうです。

気温が低いと飛びません。

気温が低いと、なにもかにも硬くなる。

  • 体も硬くて回らない
  • 厚着をするので回らない
  • 空気の密度が高いから抵抗が大きい
  • ボールも気温が低いので硬くなる

飛ばないので練習場で振り回しミート率までも下がり、スイングも壊れる。

そして、負のスパイラルに入ってしまう。(>_<)

なら、どうしましょう?

スポンサーリンク

 

 

冬の飛距離を受け入れる

距離的には個人差があるようですが、約ワンクラブぐらいでしょうか。

「冬はこんなもんだ」と受け入れることによって、楽になりましょう。

とにかく、マイペースで頑張りすぎないことです。

しかし、納得いかない人もいますね?

 

なら、出来ることはやりましょう。

出来る事?

  • ストレッチを本気でやる
  • 動けないくらい厚着をしない
  • ボールを少し柔らかいのに変える
  • ポケットにホッカイロを忍ばせボールを温める
  • ミート率を上げるために満ブリしない
  • いつもよりワンクラブ番手を上げる
  • いつものクラブで届かせようとしない

出来ることはやって、春を待ちましょう。

しかし、本当にやってほしいのは...

 

冬の期間にしておくこと

春になり気温が上がるにつれて、飛距離は戻ります。

安心しましょう

冬のゴルフよりワンクラブ小さいクラブで狙っていけるので、

気分はすごく楽になります。

 

 

冬は飛距離が落ちることはわかりましたが冬の時期にやっておくことがあります。

実は今日言いたいことはもう一つあります。

それは、

「スイング作り」だぁ~。

この時期にしか出来ないでしょう?

こんなこと...

 

こんな地味な練習する?

そう、するんです

といっても、いつもの練習に少し追加するだけです。

ドライバーの練習は控えめにしましょうね。

 

「ぐっ」と気持ちを抑えて...

地道に「インパクトゾーン」の練習を↓↓↓

tetsute.hatenablog.com

 

練習は「裏切らない」

スキルもしっかり冬の期間で身に着けましょう。

 

冬の芝は難しいですね。

スポンサーリンク

 

 

2021.11 rewrite

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP