風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】ミドルホールの攻め方考え方

f:id:tetsute:20201116190013j:plain

 

実力の証「ミドルをパーまたはボギーでしのぐ」

距離のあるミドルホールをパーであがると「ナイスパー」(^^)/と絶賛されるし、絶賛します。もちろんボギーでも「ナイスボギー」と....

ミドルホールでのパーは貴重

初心者にとってミドルホール(パー4)をパーにすることは非常に難しいです。

勿論サービスホールはありますが、やはりドライバーはそこそこでも、アイアンは方向と距離があってないと2オンはかないません。

では、どうやってパーをとりにいきましょう?

 

その前に、初心者の人はパーにこだわらずに、
私はボギー狙いでいいと思っています。(初めからボギー狙いで)

 

ミドルホールでパーをとる

もしくはボギーであがる攻め方は?

少なくともOBだけは避けることにつきます。

そこそこドライバーが飛んでくれさえすれば、パーもボギーもそんなに難しいことではありません。

例えバンカーに入っても全然チャンスはあります。(ドライバーで打った時のフェアウェイにあるバンカーです)

しかし条件付きになります。

それは、「次のショットが、やさしく打てる場所に持っていくこと」です。

勿論グリーンオンも狙えますが、距離が残っていればレイアップになります。

 

基本な攻め方

パーをとるには2オン2パットが基本ですが、3オン1パットもあります。

ボギーなら2オン3パットか、3オン2パットです(3年2組ともいいます)

いくら長いミドルホールでも3オンは可能なはずです。

泥臭くパー、もしくはボギーでしのぐ方法です。

 

初心者なら3オン2パットのボギーをとりに行きましょう。

大たたきしたくないなら真剣に狙うのもありですね(^^)/(3オンを)

 

パーもしくはボギーでしのぐ

これまた条件付きになりますが、徹底的にOBを避けることです。

しつこいですか?

しつこいですよ。理由がありますから....

 

OBより池、池よりバンカー、バンカーよりラフ、といったハザードに対しての考えをきっちり理解することです。

勿論フェアウェイにこしたことはありませんが、その方向にOBまたは池があるときにはラフでもOKぐらいな気持ちが必要です。

 

肝心なのはセカンドショットです。

そこでマネジメント力が試されます。

距離の残ったセカンドを無理に狙うようでは、あまりかしこい選択とは言えません。

 

初心者/中級者がやってしまう過ち

レベルによっても変わりますが、例えば90~100あたりを目標にしたラウンドだとすると、ハーフで9オーバー~14オーバーまでたたけます。

90ならボギーペースでいいわけです。

少しでもスコアを縮めたいと思うのもわかりますが、無謀にグリーンを攻めることによってバンカーに入れてしまえば大たたきの可能性さえあります。

ここです。

初心者がやってしまう、いつまでたってもスコアアップができない原因が...

たまにはあるでしょう....会心の当たりでグリーンオン。

それを夢見てまた挑戦します。

その繰り返しでいつも同じ過ちを犯してしまいます。

 

そのショットの成功する確率はいくつですか?

「はぁ~?確率~?」(-_-メ)

「俺は、挑戦しつづける~」では「おいおい...」です。

挑戦すればいつかはスコアアップもするでしょうし、挑戦するな、とも言いませんが、自分の技量がわかっての挑戦ならいざしらず、なんでもかんでもグリーンを狙うのはいただけません。

その結果、大たたきをしてしまい「今日もだめだぁ~」の繰り返しとなります。

やはり今の自分に合ったマネジメントが必要です。

 

常に、今あるボールを最も少ないスコアでしかも安全な方法でホールアウトすることに全力で取り組みましょう。

「ここはボギーでいく」「ダボは絶対にたたかない」といった決意が必要です。

それはパーが全く消えたわけでもありませんが、真剣にボギーを狙いに行くといった強い心です。

ここまで言ってこんなことは言いたくありませんが、パーも転がり込んでくることだって多々あります。<(_ _)>

 

「よせワン」 

よせワンとは、寄せワン...ピンに寄せてワンパットの意味です。

誰か怒ってます?

「そんなん、わかっとるわい(-_-メ)」と、

 

上級者といえど頻繁に使うパーをとる技術

ショートゲームを鍛えることによって、言い方は悪いかもしれませんが「泥臭くパーをひろっていく方法」です。

この方法を練習すればスコアは劇的に上がります。

 

詳しくはこちらで.... 

tetsute.hatenablog.com

 

まとめ

ミドルホールでいくつパーをとれるか?もしくはボギーであがれるか?

目指すゴルフは人さまざまですが、ここにゴルフの醍醐味がある気がします。

勿論、ロングホールもショートホールも無視はできませんし、それを軽視しているわけでもありません。

逆に大たたきしやすいのもそこなんですから....

しかしミドルホールのパーは重みを感じます。(私はですけどね)

 

合言葉は、「成功の確率は?」です。 

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP