風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

ゴルフクラブの「シャフトのしなり」を理解してスイングする

f:id:tetsute:20220116160941j:plain

シャフトはしなってなんぼ

シャフトのしなり戻りを利用して打つ

シャフトの種類は様々ですが、「しなり戻り」という言葉をご存じだろうか?

ギヤに詳しい人なら当たり前の事なんだろうが、知らない人からすれば「何それ?」という情報です。特に初心者の人には珍しい言葉になります。

そうはいっても私もギヤは得意分野ではありません<(_ _)>

 

しなり戻り

焼き鳥を食べた後の竹ぐしを想像してください。

くしの端を左指で持ち反対の端を右のひとさし指で手前に引き弾いてみましょう。

スゴイ勢いで先端が動きます...それがしなり戻りです。

そのしなり戻りをインパクトに利用することによって、ヘッドスピードが最速の状態でボールを打ちぬくことができるというわけです。

 

 

トルク

シャフトはしなることがわかりましたが、実は「ねじれ」も同時に発生します。

それがトルクといいます。

クラブフィッティングをする際には店員さんに聞いてみましょう。

トルクとあい重なりしなりを利用してボールを打つわけですから自分のスイングにタイミングがあってないとダメなことが想像できます。

あまりにもかけ離れた「自分にあっていないシャフト」を使えば当然ナイスショットも難しいのがわかりましたか?

それだけ自分にあったシャフトは大事ということです。

逆に言えば、あわないクラブには自分から合わせにいかないといけません。

 

ショップでクラブを新調する際には店員と相談することをお勧めします。

が、なかにはあまりわかってない店員さんもいるんで日頃から相談できる人を持っておくのもいいでしょう。

 

最後に

シャフトは「しなる」ものと認識してスイングをすれば、力だけでスイングしなくてもいいのがわかりますね?

頭の中でしなっているシャフトをイメージしながらそしてねじれも理解してスイングをしましょう。

 

どうですか?

リズムを変えるだけでボールの行方が変わってきませんか?

ダフっているからわからない?

そんな人はまた違う記事を読んでみてくださいね(^^)/

 

合言葉は「トルクとしなり戻りを利用する」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを期待しています。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

TOP