風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

スプーン(3W)でティーショットする時の注意点

ドライバーを使わなくてもいい(使いたくない)時のミドルホール

状況としては、左右のドッグレッグでドライバーだと突き抜けてしまうとか、セカンドショット地点の考慮ありきのマネジメントであるとか、はたまた、ドライバー不調のためにとか....(>_<)

f:id:tetsute:20200610143447j:plain

 

持ち球を知ることの重要性

このような場面でのティーショットは3W(スプーン)の出番になります。

私の場合ですが、ドライバーと3Wはメーカーは同じですが違ったものを使っていますし、シャフトも違っています。(3Wと5Wは同じです)

 

ですからドライバーとは多少弾道が異なります。

日によってのズレもありますし、クラブごとのズレもあります。

勿論、昼食後のズレも発生します。

 

ただわかっていることは、1Wがストレートに飛ぶ日は3Wはドローが強いこと(1Wが右に出る時は、3Wは比較的ストレートに)

と、このように自分の癖があります。

 

この癖が判っているためにいつでもフルショットをすることが出来ます。

勿論、ミスショットもしますよ(>_<)

 

ティーアップで3Wを使うときのメンタル

ドライバーをスプーンに持ち替えてミスショットをしたときには、何とも言えない悔いが残りませんか?

同伴者に「おぉ...ここはヘッドが小さいね」と言われて、ショットした結果がミスショット、しかも最悪のOBに.....(;゚Д゚)

「あぁ~、やっぱドライバーで打てばよかったぁ~」

どうせOBならドライバーにしておけばよかったと後悔します。

 

はたしてそうでしょうか? 

スプーンでOBなら、少なからずドライバーでもOBです。

その為にスプーンに持ち替えたわけですから、OBにならない(助かる)可能性はスプーンのほうが大きいはずです。

 

ここで重要なのは、

自分のマネジメントをしたわけですから後悔はしてはいけません。

ここで後悔すると、この後のプレー(メンタル)に影響しかねませんしね(^^)/

「ドンマイ、ドンマイ」と笑ってスルーしたいですね。

非常に難しいのはわかりますが、顔にだけは出さないように努力しましょう。

スポンサーリンク

 

では、どう打ちましょうか?

コースマネジメントとメンタルマネジメントが必要になります。

「えぇっ~またですかぁ~?」(>_<)

 

このことはスプーンに限ったことではありませんし、すべてのショットに必要ですから特別なことではありません。

スプーンであろうが9アイアンであろうが、同じことですしパターもしかりです。

 

いつものルーティンで「打ちたいところ」を設定し、スイングするだけです。

特別なこともありませんし、する必要もありません。

自信に満ちたいつものスイングをするだけです。

 

いつでも打てるように練習はしておきたい

フェアウェイウッドを打つ時のイメージ

フェアウェイで打つときは以前に書きましたが、私は払い打ちをしません。

どちらかと言うと、打ち込むイメージ派です。(ドライバーも同じです)

 

誤解を招くといけないので、「これは、自論です」

イメージはあくまでもイメージですので、打ち込みイメージを推奨するわけではありませんし、私の場合「払い打ちのイメージ」だと「右肩が下がる」のでそのように打たないだけなので、「打ち込みイメージ」ということです。

 

勿論、アイアンはイメージではなく「打ち込み」です。

 

フェアウェイウッドは打ち込めばボールは上がります。
(これもすべてのクラブに共通します)

芯で捉えたボールはバックスピン量が増えるためです。

ボールを高く上げようとするスイングはかえってバックスピン量が少なくなるため低い弾道になりがちです。

 

フェアウェイウッドといえども、「打ち込むイメージ」で打つ練習を一度練習場でやってみてください。

以外に「イメージ」で打つ方法は結果につながると思います。


フェアウェイウッドが左右に暴れる人

  • 体が止まるとフックになる
  • 振りすぎるとスライスになる

やはり行きつくところは「いつも同じリズムで同じスイング」をする。

になりますね(^^♪

 

不安な状態のまま打つと振れない

原因の一つは練習不足です(キッパリ❕)(^_-)-☆

練習不足は不安要素のひとつですので、いざ本番のラウンドで使ってもナイスショットは皆無に等しくなります。(まぐれはありますが....)

不安要素を取り除けば「自信」につながりますからショットから迷いが消えます。

メンタルの大切なところでもあります。

 

まとめ

FWを使うときは、特別なことをするわけではないので、いつもと同じ自分の好きなアイアンでも振る感じで、打ち込みのイメージをもってしっかりクラブヘッドを加速させて打つことを心がけましょう。

自分のマネジメントで3Wを手にしたわけですから、もちろん距離を故意に落としたショットになります。(ここで、距離を求めるような力みは必要ありません)

 

いつものルーティンを大切にコースマネジメントをして、自信に満ちたいつものスイングをしましょう。

もしも、最悪の事態になっても胸を張って次のプレーに専念してください。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

スポンサーリンク

 

TOP