風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】アイアンの飛距離はスリークォーターでの距離感でつくる

f:id:tetsute:20210821170308j:plain

 

アイアンは飛ばすクラブではなく狙うクラブ

グリーンを狙うため、ギリギリのクラブでフルショットをしていませんか?

同伴者の建前で短いクラブを手にしていませんか?

そのせいで満ブリショットをさせられる羽目になります。

で、結果はグリーンに届かず、最悪はバンカーの餌食に....

 

 

アイアンの使用頻度はかなり多い

長いホールのレイアップにも使いますし、グリーンを狙う時も、ショートホールも使いますが、アイアンすべてのショットにターゲットが設定されます。

勿論大きなクラブにもターゲットは設定されるのですが、アイアンのターゲットはピンポイントになることが多いかもしれません。

そんな目標を狙うショットなのに満ブリではうまくいくわけがありませんし、ボールを芯で打ち抜くことは大変難しいことです。

 

ターゲットイコールカップではない

その前に、いつもピンめがけて打っていく初心者のひと(?)は多いですが、もうそのへんはわかっていると思います。

ですよね?

次のショットが打ちやすいところがターゲットでしたね...

 

スリークォーターで打っても10yも変わらない

3/4ショットがスリークォーターショットです。

とはいえ、うまく打てるようになればさほど飛距離は変わらないです。

一度、試してみましょう....練習場でもいいですし、ラウンドでもいいです。

力の入れるタイミングが合えば今までの飛距離と変わらないし、直進性も出てきますからおすすめのスイングになります。

 

スリークォーターショットのいいところ

飛ばそうとするスイングにならないので、力まずスイングができること、ミート率が上がること、ゆえにダフりにくいしトップしにくいこと、それに加え運動連鎖が直進性も上げます。

最高でしょ?

でも欲張らないほうがいいです。

思ったより飛距離が出るもんだから、またフルショットをしてもっと飛距離を求めたくなります。で、またスイングがおかしくなり....を繰り返してしまう。

 

感覚では左腕が10時

ブリでもう少しいってもいいと思います。

人によってスリークォーターもスイング域が変わる為、自分のスリークォーターを定義してしまえば問題ありません。

自分では左腕が10時のつもりで振ってもブリでもう少しいってしまいますし、フィニッシュも最後までいってしまいます。

実はそれでOKです。

やってはいけないのはスリークォーターだから力もスリークォーターにしないこと、トップの位置がスリークォーターであってもそこからのスイングはフルショットです。

ですからフィニッシュもスリークォーターなのですがブリで行き過ぎるハズです。

 

 

まとめ

競技では、使用クラブを教えてもダメですし、聞いてもダメです。

なので人に知られることはありませんし、言う必要もないです。

人より大きなクラブを使っても悲観することはありません。

自分のスタイルを貫くことを考えましょう。

いずれ歳を重ねると飛距離は100%落ちてきますから(>_<)

 

最後にこれだけは守ってほしい

スリークォーターの練習やアプローチの練習を長時間すればスイングの領域が狭くなりますから、必ず中間や最後に「満ブリ」のスイングをしましょう。

理由は簡単、体が固まってしまいます。

スイング領域を広くする意味でのストレッチをしましょう。

 

合言葉は、「ピンポイントでターゲットを狙え」です。

ターゲットイコールカップではありませんよ(^^)/

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを期待しています。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP