風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ初心者】ニュートラルスイングを体に叩き込め

f:id:tetsute:20210922225008j:plain

 

いつでもいかなるときでも基本に立ち返ることのできるスイング

ラウンド中に突然意図していないボールがでた...とか、スライスやチーピンが止まらなくなった....とか、トップが連続ででた....

そんな経験ありませんか?

ない?本当ですか?

ハイ、ありますね。

特に同伴者が飛ばすからつい力が入った...とかもそうですが、原因が判っていればさほど問題ありません...しかし、原因が判らないこともあります。

そんな時、すぐさま基本のスイングに戻すことができればいいですよね?

 

 

ニュートラルスイングとは?

車のニュートラルと同じような意味合いで、中立とか中間とか何も加わっていない状態の事ですが、スイングのニュートラルは基本となる自然なスイングです。

例えば、スリークォーターショット的なクラブを上げて下ろすだけの簡単で無駄のないスイングと思ってもらえればいいかと思います。

 

基本となるスイング

いつでも(調子の悪い時など)立ち返ることのできるスイングを持つことは非常に重要ですし、長くゴルフをする(していく)うえで大変役にたちます。

前項目で述べたような、ニュートラルスイングです。

これが基本となるスイングになります。

いかなるときでも瞬時に、さらに冷静になるためにもニュートラルポジションに戻ることができれば、ゴルフが大崩れしません。

 

経験や練習量も必要

初心者の人にはやはり練習しかありません。

素振りが一番だと思います。

その中でも「連続素振り」をお勧めします。

ボールを打つ動作はなかなか自然の動きにならず、打ちにいく動作が強く入るため難しいかもしれませんね。

ボールを打つ意識を消しながらでの練習ならボールを打ってもいいでしょう。

気をつけたいのは、ボールの行方ではなくスイング作りだと割り切ることです。

 

ニュートラルスイングを作る

自分のニュートラルスイングを確立しましょう。

これが「スイングを作る」ということです。

その為には、「はい、練習です」

スイングのリズムであり、テンポであり、大きさであり....

 

「連続素振り」の動作が一番ニュートラルスイングに適しています。

tetsute.hatenablog.com

 

「バットの片手素振り」は運動連鎖が養えます。

tetsute.hatenablog.com

 

重いものを振ってみたり、軽いものを振ってみたりするのもいいです。

自分の周りにあるものを代用しましょう。

竹ほうきなんかも役に立ちますし、タオル一本でもできます。

自分で考え実践することにも意義があるのではないでしょうか?

 

 

まとめ

自分のスイングを作るには反復練習です。

練習場でのウオーミングアップを兼ねての連続素振りやバットの片手素振り、何もない時にはクラブを2本使っての連続素振りもできます。

練習前にできることばかりなので簡単にできるハズです。

練習の終わりにも取り入れれば2倍の練習ができたことにもなります。

ボールも使わないので経済的にもいいです。

 

自宅で素振り....なかなかできるものではありません。

素振りができる環境にない人もいます。

でも、練習場で始まりと終わりにするのですから、誰にでもできます。

是非、頑張ってみてください。

一石二鳥です。ボールだけ打って満足してはイケませんよ。

 

自分のためになるんですから....

 

合言葉は、「ニュートラルポジションを意識する」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを期待しています。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP