風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】打つ前の素振りは「芝をすれ」

f:id:tetsute:20210808215021j:plain

 

素振りで芝に当てる効果は絶大

いつものルーティンでショット前に素振りをする人...1回?2回?それはどちらでも構いませんが、その素振りは芝を擦っていますか?

人によっては体を回すのが目的の人もいるでしょうが、どうせするなら「芝」を擦って素振りをしましょう。

 

なぜ素振りで芝を?

ヘッドの軌跡の残像を残したいからです。

なおかつ、どこを擦るかによってスイングの最下点位置がわかるからです。

だから?

それによってボールの位置を決めることもできます。

「ボールの位置はいつも決まってるよ」(-_-メ)

と思っている人、そしてそれでうまくいっている人は全然それでもかまいませんが、「今日はやけにダフるぞ(>_<)」「トップするぞ(>_<)」という人いませんか?

そんなあなたにやってほしいことがあります。

それが「芝を擦る」素振りです

以前女子プロのイ・ボミさんもテレビでそう言ってました。

「素振りは、芝を擦らないと意味がない」と....

 

ボールに対してのアドレス 

擦った右にボールをセットすればいいわけです。(レフティーの人は逆です)

しかしボールは2打目以降は触ることができませんから、ボールに合わせたアドレスをする必要があります。

どんなボールを打ちたいかによってもボール位置は変わるのが当たり前なのです。

少しのダフリでもいいライなのか?高い球が必要か? もしもそのライが逆目とか、ラフで浮いているのか?状況によって判断しなければいけません。

ラフでは、どの程度芝にくわれるのか?など非常に大切な情報です。

 

まとめ 

一度練習場でもいいですし、ラウンドでも構いませんから試してみてください。

もしもルーティンに素振りが入っている人には効果的だと思います。

ちなみに私はアプローチ以外は素振りはしません<(_ _)>が、

アプローチの素振りは数回やります。

イメージが出るまで....

 

私も、本当は1回くらいは素振りをするのが正解だと感じているので、ルーティンの見直しをしてみます。(頑張ります)(^^)/

 

合言葉は、「芝、擦らんかい」です。

いつも読んでいただきありがとうございます。

ナイスゲームを期待しています。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP