風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】ドライバーがいいときはアイアンが悪い、アイアンがいいときはドライバーが悪いのはなぜ?

ゴルフはもっと楽に、もっと楽しく....

 

ドライバーもアイアンもどちらもいいときには....

勿論、いいスコアになります。

しかし、日によってドライバーがいいときにはアイアンがうまく機能しない、とかアイアンがいいときにはドライバーがよくないってことないですか?

そのために確認することがあります。

その前にどうしてそんなことが起こるのでしょうか?

どちらかが足を引っ張るという現象が....

 

 

どちらも悪いのは?

ズバリ、練習不足でしょう。

もしくは、スイングがまったく固まっていないのが原因です。

まずはクラブをたくさんしっかり振りましょう。

ボールもたくさん打ちましょう。

 

ドライバーもアイアンもスイングは同じ

ドライバーとアイアンのスイングが同じでない人が「ドライバーがいいときにはアイアンが悪く、アイアンがいいときにはドライバーが悪い」ということに悩まされることになる場合が非常に多いように感じます。

そもそもドライバーとアイアンが同じスイングと思っていない人は多いのではないでしょうか?

厳密にいえばドライバーとアイアンの違いはシャフトの長さが違いますから当然スタンス幅も変われば前傾姿勢も変わります。

番手ごとのボールの位置も、ティーアップすればさらに変化があるでしょうね...

しかし前傾姿勢の背骨に対してのスイングに変わりはないのですから基本的なスイングは変わらないのが正解なのです。

でなければ7アイアンとPWもスイングが違ってくることになります。

スイングが固まってくれば背骨に対してのスイングアークが決まってきます。

(スイングアークとはスイングの軌道です)

 

スイングアークの違いはシャフトの長さ

短いシャフトのアイアンを持てばスイングは立て振りのような形になるのに対して、長いシャフトのドライバーを持てば横ぶりのようなスイングになります。

それを同じようにドライバーを立て振り気味に...逆にアイアンをドライバーのように横ぶり気味に打てばどちらかが間違ったスイングになるために「ドライバーがいいときにはアイアンが悪く、アイアンがいいときにはドライバーが悪い」といったことになる可能性があるわけです。

「8アイアンが得意なんです...」という人は8アイアンのスイングアークが一番合っているし一番自信を持っているということです。

要するに5アイアンを打つときに8アイアンのスイングアークになっている可能性があるということなのです。

勿論自信がそうさせることも捨てきれません....

 

 

結論からいいますと、

スイングは基本前傾姿勢や背骨を崩さない(いがめない)体の回転が必要になります。

これを基本のスイングに取り込むことですべてのクラブが同じスイングになります。

 

違うスイングをするほうが難しい

長くゴルフをやっていると「このクラブは少しフックグリップにしたほうがいいボールがでる...」といったことがあります。

これはスイングを変えるわけではなくて、クラブの特性上に起こりうることでそれがライ角であったりシャフトの硬さやトルクであったりの違いであります。

したがって、スイングを変えなければ思うほうに飛ばないようなクラブはクラブ自体があっていない可能性が高いハズです。

可能性でいえばシャフトの硬さやバランスがあげられます。

 

最後に

前傾姿勢にあった(背骨を意識した)スイングをすればどのクラブも同じスイングということがわかります。

それを意識したスイングづくりの練習をしてみましょう。

そしてその練習で作り上げたスイングをラウンドに持ち込むことができさえすればラウンドでも「いつものスイング」ができるということです。

 

いつものスイングとは...参考まで、

tetsute.hatenablog.com

 

合言葉は「やはりいつものスイングが大事」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを願っています.... 風にのせて tetsute’s blog

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

TOP