GOLF 風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ上達できたらいいな....

グリーン周りからの狙えるアプローチ

グリーン周りからのアプローチでピンを狙おう 

本来ミドルホール(Par4)でのパーは、2オン2パットが理想です。

しかしながら我々アマチュアには、ナイスショットが出ない限り皆無です。 

f:id:tetsute:20200207004034j:plain

 

罠(リスク)

グリーン周りには、たくさんの罠が仕込まれてます。

砲台グリーン、バンカー、池、グラスバンカー、逆目のライ、もちろんOBも

無謀にもグリーンを狙うとリスクがついてきます。

 

しかしながら刻むと、同伴プレイヤーから「レイアップ?」 

(心を見透かされたような、冷たい視線が...)

 

コースマネジメント 

あるシングルの方は、160y以内はグリーンを狙うそうです。

ただし、フェアウェイでライがよく、狙う方向手前にハザードがない時だけだそうです、ラフなら150yまでと徹底してます。

160y以上は必ずレイアップだそうです。

 

なぜなら、「自分の技量を知っているから」

しかも、3打目をのせる自信があるからです。

たとえ寄らなくてもボギーはとれるそうです。

 

この話はコースマネジメントになりますが、2オンイコールパーではない

ということです。

安全なグリーン周りからは、パーがひろえるということです。

スポンサーリンク

 

パールート

ホールによって安全なパールートが必ずあります。

それを見極めることがコースマネジメントになります。

コースマネジメントの話は、またの機会に詳しくお話ししようかなと思います。

 

グリーン周りからのアプローチの打ち方

今回は、ピンまで5y~20yもしくは30yくらいの転がすアプローチです。

すごく安全で、ミスが少ないです。

 

使用クラブは私の場合は9Iが基本です。

PWでもいいかなと思います、8Iでも7IでもOKですが、

今日は9Iで、説明しますよ。 

 

打ち方は

30y40yの低い球を打つアプローチとアドレスは同じで、

  1. ボールに対して両足をそろえてアドレスをします
  2. 左足だけ足の幅分開きます

お好みで、つま先を、両方11時に向けます。(打ちやすさで選びましょう)

左足にすべて体重を乗せて、パターのふり幅を実践するだけです。

 

関連記事です。

tetsute.hatenablog.com

 

例えば、 

9Iだと平坦地でピンまで9yあれば、 

3yキャリーさせれば、6yのランが出ます(簡単に言うと1対2です)

(PWだとピンまで10yで5yキャリーで5yのランです)

 

まずは距離感の練習を一番にしましょう。 

重要なのは、ボールを落としたい1点に集中してください。

その1点を見つけたら、カップは一切見ません、見てはいけません。

 

ボールの着弾点はグリーン上が基本です。

 

私の場合は9Iで1対2ですが、人によって多少フェースのかぶり方が違うので、 

自分の距離を見つけましょう。

ボールの着弾点付近からのラインを読んで、

落とすポイントを見付けたら、そこに着弾させるだけで、

ボールは勝手にカップによって行きます。

  

グリーン周りでパターが使えるときはパターをお勧めします。

大きな失敗を防げるからです。

あとは上りと下りのランはどれくらいかを練習すればOKです。

  

もしもライが逆目の場合は?

芝が逆目の時は、打てないことはありませんが保険でもかけましょう。

9Iでヒール側(シャフト側)を浮かせてパターのように、

トゥ側で打ちます。

 

芝の抵抗が少なくなり、突き刺さりにくくなります(結構、役に立ちます)

パターのように使うのがミソです。

 

練習あるのみです、頑張りましょう

スポンサーリンク

 

TOP