風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

女子プロのような「低くスピンのきいたアプローチ」を打つ方法

低く飛び出しスピンのかかるアプローチ

10y~50yくらいのアプローチです。

順目の芝ならラフでも使えますが、逆目の芝には通用しません。

ライをよく確認する必要があります。

逆目の打ち方は最後に... 

f:id:tetsute:20200205174625j:plain 

 

打ち方

使用クラブは56度とか58度といったアプローチウエッジです。

私は56度を使用してます(バンカーからも56度です)

 (レフティーの人は逆になりますよ)

  • ボールに対してフェースを目標方向にセットします
  • 足をそろえて、左足を一足分強開きます
  • その時に左足のかかとを軸11時の方向につま先を開きます

 右足はそのままで(ここ重要です) 

  • つま先だけをやはり11時の方向に向けます

これで右と左は平行になりましたか?

ボールは右足の小指あたりにあれば正解です。

ややこしくてすみません(>_<)ついてきてくださいよ。

スポンサーリンク

 

あとはインパクトゾーンの打ち方とほぼ同じです。

左足体重肩と腕の三角形を崩さないように、腰の動きは意識せず、 

クラブが9時まで来たら、切り返します。

コックは全く入れません(手首は固定)

(少しだけヒンジの動きは入ります<(_ _)>) 

重要なのは体重配分が、左に100%~90%です。

9時~3時のふりで必ず腰でスイングするイメージを忘れずに。

  • テイクバックは、腰は無視 
  • テイクバック以降は、腰だけで振る
  • 手打ちが入ると低く出ません

3時で止めるイメージもいりません。

 

腰で振る(腰の回転)がポイントです。 

腰で振ると、フェースが立ったまま芝に突き刺さる前に、

ボールより左の芝をえぐります(ターフ)

 

これで完成ですが、練習量も多くしないといけません。

 

応用

私の場合ですが、

  • 9時~3時で40y
  • 8時~4時で30y

コックを入れてみよう(9時を過ぎるとコックが入ります)

  • コックを使う10時~2時で50y
  • 60yは10時でフォローを12時くらいでしょうか

コックが入ると低い出玉にはなりにくいです。

 

自分の距離を作りましょう。

 

70y80yは56度のフルショットか50度のハーフショット

と、いう風に打ちやすいクラブで決めていけばいいと思います。

これで100y以内は、ほぼほぼ完璧ですね。

 

特に、コックをいれないアプローチは低くスピンのきいたボールになります。

 

これを利用して7I 8I 9Iで木の下を狙うショットも打てます。

木の下のベアグランド(芝がなく土の状態)からもOKです。

 

ちなみに両足つま先を元に戻すとフワッとしたボールが打てます。

 

逆目

芝がもしも逆目なら、フェースを開き、オープンに構えるだけです。

そしてクラブをボールの手前から入れます。

(ボールの前後5センチぐらいの芝をなぎ倒すイメージです)

バンカーショットに似てますね。

 

バンカーはまた暇なときにでも見てください。

tetsute.hatenablog.com

 

これまた、反復練習が必須ですが、

いつもの練習に参加させるだけですから、簡単ですよ。

 

最後にワンポイントですが、必ず運動連鎖を意識してスイングしましょう。

運動連鎖とは腰、肩、腕、クラブの順に遅れて動くイメージです。

スポンサーリンク

 

TOP