風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】頭の位置だけに集中するとダフリにくい

f:id:tetsute:20210124212125j:plain

 

「頭の位置を変えない」と意識して打つ

私事ですが、スイング中に意識する項目のひとつです。

というか、時にはこの1点だけに集中するようにしています。

なぜ?

ダフリやトップをしたくないからです。(^^)/

 

練習場ではうまく打てるのに....

練習場でのショットはうまくいくのに、実際のラウンドになるとうまく打てない人っていませんか?特にダフリやトップのミスで....(>_<)

そもそも練習場のマットは少しのダフリには全然普通に飛んでくれます。

そんなダフリやトップ....

 

その原因のひとつに、

たくさんの事を意識しすぎてスイングを開始してしまう

ことによるミスです。

 

初心者の人によくあることですが、スイング前に色々考えすぎることや、チェック項目が多すぎる傾向にあります。

これは、ラウンドでは多くの情報(目から入ってくるコースや危険な場所等)が入ってくるために起り得ることで仕方がないのですが、「あそこに打つ」と決めた後はすぐに頭を切り替えていかなければいけません。

したがって、アドレスが決まれば、そのアドレスを信じてあとはいつものスイングをすることだけに集中しましょう。(簡単なようで、難しいですが...)

 

チェック項目はひとつ

いざスイングに入れば、あれやこれや考えるのはやめて単純にいきましょう。

その為にすることは「チェック項目はひとつ」と決めることを強くお勧めします。

その一つに、「頭の位置を変えない」です。

本来は、無心(何も考えない)がいいのですが....一つに集中することによって頭からその他の事を考えないようにすることが可能になります。

私の場合「頭の位置を変えない」です(もちろん日によって変わりますが)

 

人によっては「フェースの向き」とか「右足のひざの固定」や「コック」...とかになろうかと思いますが....

それはそれでいいと思います。

とにかくたくさんの「チェック項目」を設けないことです。

 

ナイスショットをする為の条件

インパクトの条件は、フェースが目標方向を外さずに、なおかつボールを直接とらえること(できればアイアンではダウンブロー)によって方向と距離がぶれずに飛んでいきます。

このことでインパクトがいかに大事であることがわかります。

頭の位置を意識するのは理にかなっているというわけです。

 

まとめ

勿論「頭の位置を変えない...上下させない」は、私の意識する項目ですが、そのほか「左手の甲の向き」や「腰で打つ」「左足体重」....様々あるでしょう。

その日の項目も日々変わるやもしれませんが、一番その日に重要であろう項目をいち早く見つけるのも大切です。

 

が、

チェック項目はなるべく一つに絞りましょう。

 

合言葉は、「頭の位置」です。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP