風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

アマチュアゴルファーがハマる罠その2

f:id:tetsute:20210320170148j:plain

池方向とOB方向...どちらを選ぶ?

池があるということは、その方向に向かって低くなっているのが普通です。

一方、OB方向は何らかの形(バンカー等)で受けていることが多いですが、白杭を超えてしまうとやはりOBになります。

池を想像してみましょう、池は低い位置にあるので池方向に吸い込まれる....といったイメージも頭によぎり、その方向にはやはり打っていくのは心理的に嫌なものがあると思います。

なので少しでも地形的に「受けている」OB方向なら安全ではないにしても安心が得られます。

あなたならどちらを狙いますか?ということです。

初心者の皆さん...スコアアップに向けていくよ(^_-)-☆

 

ペナルティー的にはどうなの? 

  • 池は赤杭なので池に入るときに横切ったところから1罰打でプレー再開 
  • OBは白杭なので1罰打で打ち直しになるか、または前進2罰打でOBを横切ったあたりのピンに近づかないフェアウェイからのプレーになります

池のほうが考えてみれば少しでもピンに近づき1罰打加算で済むことになります。

やはりOBのほうが1打損をしますね。

<p

 

>OBは偉大です(>_<)

なんか勘違いしてない?

池よりもOBのほうが悪いのに....池を避けることしか考えていないアライメント(目標設定)をする人が多いのは、「ボールがなくなってしまう」という心理もあるんじゃないかなと私は思います。

ボール、高価ですからね....

たしかに気持ちはわかるけど罰打が1打違うんだよ(>_<)って話です。

ここで「じゃぁ、池方向に向かったほうが得だな....」と思った人、これも間違いです。

どちらにも入れないという選択肢はない?

超初心者は池か、OBか、フェアウェイ真ん中か?という選択肢しかもっていません。

どちらにも届かない、どちらにも入らない、といった方法があるにも関わらず...

その答えは、 皆さんわかってますね...そう「レイアップ」です。

「レイアップ?」そんなの恥ずかしくて、できるかいな」(-_-メ)

と、言った人は本当の超初心者 です....<(_ _)>

どちらにも入れない努力をしましょう。

その気持ちだけでスコアはアップします。

 

飛ばし屋としては「レイアップ」に少し疑念があるかもしれませんが、そこは一歩立ち止まって「よ~く、考えましょう」

 

まとめ

スコアアップを考えている方は、そういった罠にはまらないようにしっかりとしたマネジメントをお勧めします。

ハザードに絶対に届かないクラブ選択...それが「レイアップ」です。

もう一つ上の「レイアップ」は、グリーンまでの距離も考えてみましょう。

ゴルフの基本、グリーンから(残り距離を考えた)のマネジメントです。

それができれば、スコアも数段アップします。

考え方ひとつで上達しますから、頑張ってくださいね。

 

合言葉は、「残りの距離を考える」です。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP