風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】練習場でやってないことはラウンドでは絶対できない

f:id:tetsute:20210901151120j:plain

 

練習すべきはラウンドで使えるショット

以前に「練習場はいい球を打つのが目的ではない」といいました。

が、少し訂正させていただきますと「いい球だけを....」です。

いい球は打ちたいですよね?

いい球とは、自分のイメージどおりの弾道と飛距離だと思いますが、私の思ういい球はラウンドで役に立つ自分の思ったイメージのボールということです。

簡単に言うと、「イメージしたボール」と「結果」です。

 

イメージしたボール

クラブの芯を外したようなボールでも、イメージどうりならそれでよし。

例えば、ドライバーで方向性を出すために180yをスリークォーターで打つとか、グリーン周りのラフからのアプローチでソール(バンス)を滑らせながら故意にダフらせて打つとか、....です。

 

 

練習場で練習もしていないのにコースは無理っしょ

とにかくアマチュアゴルファーはラウンド中に石川僚君に変身します。

そうです、隙間の少ない林の中からインテンショナル・スライスでグリーンを狙ってみたり、林越えの高い弾道でショートカットを狙ってみたりします。

練習場でそれなりに練習できているのならいいですが、やってもいないことがラウンドで出来るハズがありません。

 

コース上で起死回生のショットはやめよう?

林からの脱出ショットにおいて、もしかしたらグリーンも狙えるかも....というようなショットを起死回生のショットといいますが、普段なら「やめとけ」というところではありますが、そのために練習場で練習してきたのなら話は変わります。

試してみたいですよね?

起死回生のためなら難しいところですが、試してみるのなら「あり」です。

練習場で練習したショットはラウンドで試してみましょう。

失敗ありきで.... 

 

取り戻そうとしない

スコアを取り戻すのが目的なら賛成しません。

もう少しラウンドを重ね、経験値を上げてからにしましょう。

取り戻すことの逆の結果は最悪のOBですから...

 

練習場で状況を設定

練習場で色々な場面や過去にあった場面を思い浮かべながら状況を設定して、そしてこれから起こるべき状況を設定して、その場にいるイメージで練習しましょう。

いずれ起こるかもしれない状況になっても慌てることなく対処できるハズです。

その時の為の練習でもあります。

隣の人の目を気にすることなく黙々と....

 

 

成功体験

そして練習してきたことをラウンドで試すチャンスです。

「待ってました」(^^)/の瞬間ですね。

悪い状況を落胆するのではなく、逆に目を輝かせている自分がいます。

同伴者は失敗するであろうと期待していますよ...これからの起こりうる結果を ...

困ったそぶりで決めちゃいましょう。

それが成功体験になります。

 

ラウンドで試す

ドンドン練習したショットはラウンドで試しましょう。

とはいえ、あまりにも無謀なショットはダメです。

失敗してもまだチャンスが残る、いわゆる「保険」をかけながら....

 

まとめ

やはり練習は嘘をつきません。

練習してないことはラウンドで出来ません。

練習で出来ても、ラウンドで出来ないこともあります。

そこは経験を重ねていくほかありません。 

やはり練習しましょう(^^)/

 

合言葉は、「ピンチをチャンスに」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを期待しています。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP