風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】ピンから逆算するゴルフ

f:id:tetsute:20210727215326j:plain

 

ピンポジションから考えるマネジメント

「今日のピンの位置は右奥だな...」

上手な人とのラウンドではよく耳にする会話です。

プロのトーナメントを見ているとコースの紹介から始まり、解説者が「今日のカップは右奥に切っていますね」と....

「グリーンを狙うショットはプレッシャーの少ない左のフェアウェイから打ってくるのが安全で、カップに寄りやすい...」とか、言っています。

 

プロでも難しいバンカーやハザードは避ける

「プロならベタピンだろ」と思っているあなた...もちろんフェアウェイからのショットでうまく打つことができたならピンに絡むでしょう。

しかしプロでもミスはします。ましてやドライバーでラフにでも入れば当然グリーン上にとどめることも難しくなります。(トーナメントのグリーンは止まりません)

 

手前から転がってもグリーンにのる

バンカーを越えてすぐのピンの場合、とてもじゃないけどピンに寄せるのは至難の業としか言いようがありません。プロでさえそんな位置のピンを狙うのは決勝ラウンドぐらいでしょうか....

そんな状況下、

アマチュアゴルファーは一か八かのショットをします。

想像してください。

フェアウェイの右と左、左からは花道方向に向かってグリーンを狙えます。

右からはバンカー越えのショットが要求されます。

どちらが安全なルートでしょう?

言わなくてもわかりますよね....

 

バーディーかパー

プロでさえフェアウェイのどちらが次のショットが簡単なのかを気にしてからのマネジメントをします。

いやいや....

プロだからこそといったほうがいいかもしれません。

なんせ、バーディーを狙いにいっているのですからね....

 

見習おうマネしよう

我々はそこに打てるとは限りませんが、マネすることは大事です。

上手な人の考えをマネすることでその域まで気持ちを持っていくことはすごく重要なことになります。(上達したいのならですけど)

 

グリーンからのコースマネジメント

考えるとわかります。

次のショットを頭の中でイメージや映像化すればどこに打つべきなのかがわかります。

初めてのコースは少しわからないしイメージできないかもしれませんが、コース図などを見れば全体像が見えるハズです。

打ってはいけない所が...

 

今日のピン位置を確認してからのコースマネジメントをしましょう。

そうすると自分のやるべきことが明確になることでしょう。

 

ロングホールもしかり

3打目を何番アイアンでどこからグリーンを狙いたいですか?そのためにはどこに打っていくのが正解で安全なのか、ハッキリとわかることでしょう。

無理のない攻め方をするのならピン(カップ)から逆算するようにしましょう。

打てる、打てないは別のはなし...考え方です。

 

合言葉は、「マネジメントはピンから」です。

いつもありがとうございます。

ナイスゲームを期待しています。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP