風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

アイアンの番手間の距離の打ち方【初心者編】

f:id:tetsute:20200714153419j:plain

「お前、何番?」「お前こそ何番だよ?」

  

アイアンの飛距離を把握してますか?

残りのピンまでの距離は?
「135yです」

使用クラブは?
「9Iでは届かないし、8Iではオーバーしてしまう」

「じゃあ、9.5Iで...」(;゚Д゚)

.....

んなもんねーよ(-_-メ)

 

練習場の1階席で確かめよう

全てのクラブの「ナイスショット」した時の飛距離を調べましょう。

「すべてぇ~?」

はい、すべてです。

すると9Iは125yとか、8Iは140yとか...わかりますね?

ナイスショットした時の....ですよ。

 

気をつけてほしいのは、練習場のボールはコースボールに比べて、「飛びません」し、ヤード表示も2割ほど短いことがあります。

これも練習場によってさまざまでなので、練習場に聞きましょう。

 

番手間の距離の打ち方と考え方

自分の飛距離を考えてください。

例えでいきます、「9Iでは届かないし、8Iではオーバーしてしまう」時、どうしますか?

9Iで満ブリしますか?
おもっきし打ってボールの芯をとらえることができますか?

逆に、8Iで軽く打ちますか?
スイングの加減でナイスショットが打てますか?

できるならそれでもいいでしょう。

 

いつものスイングで

ショットのリズムを考えるなら、いつものスイングでいきたいものです。

  • 簡単な方法は、「8Iを短く持つ」です

もう少し深堀すれば、

  • 8Iで「抑えて打つ」
  • 8Iで「フェードを打つ」
  • 9Iで「ドローを打つ」

「8Iを短く持つ」は読んで字のごとく、グリップを余らせて短く持てばいいです。

「フェード」「ドロー」は少し難しくなりますが練習すれば打てます。
(打ち方は最後にリンクを張っておきます)

今回は、「抑えて打つ」打ち方を紹介します。

 

 「抑えて打つ」打ち方

◆抑えて打つ◆
  • アドレス(スタンス)はいつもより「若干狭く」か「いつも通り」でいいです。
  • グリップも短く持ちません
  • トップの位置を「抑えます」(私の場合、グリップが右肩より上に行かないくらいですが、惰性で少し超えるかもしれまん)
  • 勿論、フォローも同じです(スイングは左右対称が基本)

 

この時に注意するのは、

この振り幅でもショットは緩めないことが大事です。

 

せっかく振り幅で距離を調整しているのに、スイングを緩めてしまう人がいます。

スイングがでクラブが加速しなければ、ショートしてしまいます。

どの程度の振り幅でワンクラブ下の距離になるかは、練習で確かめましょう。

 

f:id:tetsute:20200715164956j:plain

さいごに

 「抑えて打つ」打ち方は、覚えておいて損はなしです

いづれにしても、これから先にお世話になる打ち方の一つになりますから、この機会に覚えておきましょう。

 

コースでの残り距離はわかりますか?

ヤード杭や、100y、150yの表示板でわかるようになっています。

しかしその表示はグリーンセンターまでなのか?使用グリーンの手前エッジまでなのかは、ゴルフ場によって異なります。(マスター室かゴルフ場関係者に聞きましょう(^_-)-☆)

最近は、GPSで距離がわかりますが、自分の目と足で測る癖を付けることをお勧めします。(見た目も大事になります)【五感も養われます】(これ大事です)

 

フェードとドローの打ち方も練習場で練習しておきましょう 。

少しコツを掴めば打てますから...

tetsute.hatenablog.com

 

また「引き出し」が増えましたね(^^)/ 

スポンサーリンク

 

TOP