風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ初心者】距離のあるミドルホールの攻め方

f:id:tetsute:20210702230748j:plain

 

距離のあるミドルホールはどう攻める? 

多くのゴルフ場のハンディキャップ1に設定されているのではないでしょうか?(ハンディキャップ1とは、そのコースで一番難しいとされるホールです) 

特にフルバックからのゴルフでは長~いホールになりますが、フロントティーからならさほど気にならないところもあります。

 

距離のでない人には長いホール

すべてはコースマネジメントから始まります。

アマチュアゴルファーの大たたきはティーショットでのOBもありますが、距離の残った2打目からの無謀なショットをやらかしてからのOBに気を付けなければいけません。

 

特に距離があるホールは少しでも前に前に...の精神が強いですから、フルショットの連発になります。

当然ボールも曲がります....<(_ _)>

 

では、サクッといっちゃいましょう。

 

パーをあきらめないコースマネジメント

とはいえ、距離のあるミドルホールを短いロングホールと考えてマネジメントをするとミドルホールを気持ちの中でパー5にすることになります。

既にパーをあきらめているように思えるかもしれませんが、そうではありません。

3打目勝負で...という考え方になります。

 

2オンするには距離があり過ぎる

打ち上げのホールで400y以上あれば結構長いです。

距離のでる人は何とかなるかもしれませんが、距離のでない人には2オンできない可能性があります。

もちろんミスショットも同じ結果になります。

無理をせずに3打目勝負と割り切るのもマネジメントのひとつです。 

グリーン周りにさえ行けば何とかなります。

えっ?ならない?

グリーン周りからの狙えるアプローチ - 風にのせて tetsute’s blog

「この記事を読んで出直してこい」と誰か言っていますよ(^^)/

 

短いロングホールと考える

初心者は絶対的に「短いロングホール」と考えたほうがよさそうですね。

私も今は無理せず3オンを狙います。

その為アプローチの強化は欠かせません。

別記事でアプローチは楽勝になっていますね?ね?ねぇ?

 

まとめ

無理をすれば大たたきの引き金を引いてしまいます。

ボギーではだめですか?

初心者ならばOKです。もともとパーを取りに行くホールでもありません。

が、

勿論パーをあきらめる必要もありませんが、楽に「ボギーでもいいか...」と、気持ちを和らげるのも一つの手段です。(初心者は....ですよ)

苦手ホールのひとつにしたくありませんからね(>_<)

 

合言葉は、「短いロングをバーディーで...」です。

いつも読んでいただきありがとうございます。

ナイスゲームを期待しています。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP