風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

距離のあるバンカーからの打ち方

f:id:tetsute:20200604204805j:plain

 

エクスプロージョンショットではとても無理そうな距離のバンカーの打ち方

エクスプロージョンショットとは「爆発」です、バンカーでボールの手前の砂を爆発させて打つ方法です。

状況

今日の距離のあるバンカーとは、フェアウェイバンカーではなくて、今日は40y~60yくらいのバンカーをいいます。

状況としては、バンカーが2つ連続で有り手前のバンカーに捕まったとか、サブグリーンのバンカーに捕まったとか....です。

 

できれば入れたくないバンカーです(;゚Д゚)

スポンサーリンク

 

1/3セオリー

そもそもバンカーショットは3倍の距離感で打つことになっているそうです。

例えばピンまで20yあれば、エクスプロージョンショットで60yのフェアウェイからの振り方をするのがセオリーです(私はあまり考えたことがないですが...)

ですから、ピンまで50yなら150yのショットを要求されるということです。

 

普通に考えても無理です(>_<)

 

どう考える?

ではどうやってグリーンを狙えばいいでしょうか?

勿論、ライ(ボールの沈みや、前方のあご)によって変わってきますが....

 

PWや9アイアンを使ってエクスプロージョンショットをするのも1つの方法ですが、9アイアンでのショットでも125y(私の距離です)の1/3で40yです。

 

50yならどう考えても無理です(>_<)。

 

ボールを直接とらえて打つ

ライが悪ければ横に出すしかないし、ミスすれば次のバンカーの餌食になります。

ここでマネジメントが必要になります。

  • 一度安全に出して次で寄せるか?
  • 直接グリーンを狙うか?

状況によって選択肢は様々でしょうが、ここでは狙っていきましょう。

エクスプロージョンショットは無理なので直接打つと決めます。

 

打ち方(50yの場合)

打ち方は、とにかくボールをクリーンにとらえることだけ考えて、50yのアプローチをするだけなんですが、

 

ダフリだけ避ける打ち方をしましょう。

  • ボールの位置は少し右足寄りにする
  • アドレスからインパクトまで左足体重を崩さない
  • コックはなるべく使わない
  • ボールを上げようとしない

打ち方の詳細は次を参考にしてもらえればうれしいです。

tetsute.hatenablog.com

クリーンにボールをとらえることが出来ればスピンも効いてグリーンオンです。

挑戦してみましょう。

 

少しでも不安材料があれば無理をせずにひとつペナルティーと考えて、安全な場所に出すことを選択するのがいいですね。

 

私の願いは、「狙いましょう」ダフリ、トップを恐れずに、です。(^_-)-☆

スポンサーリンク

 

TOP