GOLF 風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】グリーンを狙う「ここぞ」のショット

f:id:tetsute:20220305195115j:plain

ここ一番のアイアンショットはひとつ大きなクラブで

大きなクラブというのは「飛距離の大きな」という意味のクラブです<(_ _)>

ティーショットが大成功してからの2打目「ここはピンそばに...」気合の入る瞬間ですが、思いとは裏腹にトップしたりダフってみたりは非常に悔しいですよね?

ひどい時にはOBゾーンの方に吸い込まれていくことも....

このミスはよくあるしよく見かけます。

どうしてそういう結果になってしまうのでしょうか?

 

答えはまことに簡単

気合入り過ぎて力も入り過ぎです

普段のスイングにアドレナリン多すぎてオーバースイングになったり、リズムも変わったりで...もう自分のスイングではありません。

どうしてもスイングが早くなる傾向がでてきますね。

 

 

ひとつ大きめのクラブを使う

フルスイング(満ブリといったほうがいいかも)で距離ギリギリのクラブを使うとどうしてもリズムや体の使い方が変わってしまいます。

こんな時には深呼吸をして、ひとつ大きめのクラブで攻めてみてはどうでしょうか。

一番手大きなクラブを使うことによってリズムも取り戻せるし、肩の力も抜けるスイングが可能になります

 

自分のリズムを壊さない崩さない

ゴルフというスポーツは心理的なことに大きく左右します。

ポーカーフェイスとまではいいませんが、どんな状況になっても自分を見失わないことで流れのいい、なおかつ適度な緊張感が持続できます。

これがスコアを作る秘訣になります。

 

 

まとめ

適度な緊張はゾーンに入りやすい状況です。

そして自分の世界に入りやすく同伴者の声もあまり聞こえなくなります。

その緊張感をいかに長続きさせることができるかがスコアに関わります。

「あそこにボールをおとすぞ」ではなく「あのあたりならパーは取れるな...」という思考に変えることでスイングにリズムが生まれいい結果に結びつくことになります。

 

勿論調子のいい日はピンポイントでもいいでしょう...しかし「今日はショットがいまいち」という日は少し大きなターゲットに変えることも重要になります。

いつも、

ピンやカップばかり気にしていませんか?

 

合言葉は「ワンクラブ上げる?」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを願っています....風にのせて tetsute’s blog

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

TOP