風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

ゴルフにおける危機管理能力

f:id:tetsute:20201231114707j:plain

危機管理能力を鍛えないとスコアはよくならない

「危機...管理....?」

「なんじゃそりゃ~」(-_-メ)

ですよね...?

危機管理能力とは

かっこよく書き過ぎましたかね?

「危ないところを見つけ、それに対応する力」です。

既にゴルフを楽しんでいる人は知らず知らずのうちにやっているかと思いますが、要するに、危ないところを察知し、それを回避して少しでもいいスコアでホールアウトすることです。

できていますか?

意外とできていないのが現状でしょう....

 

危機管理能力を鍛える

ある程度の危険は察知できていますよね?

例えば、「右にはOBゾーンがある」あるいは「池がある」「木がある」...

バンカーもそれにはいるかもしれませんね。

そんな危険なゾーンに打ち込むことによって、「スコアにどんな影響がでるんだろう」といったことを考えることです。

さらに、「そこに打ちこまないために今できることは?」と、自分に問いかけることが危機管理能力と言っていいでしょう。

 

鍛えることの必要性

OB、池....見ればわかります。

「それを避けて打てばいいんだろ?」(-_-メ)

「バンカーなんか越してやるよ...」

「.....」

全く鍛えられていませんね....

 

今の腕前(実力やできる事)を自分に問いかけてみましょう。

何ヤード打てば超えるのか?もしくは、届かないのか?

そして、次のショットが一番打ちやすいのはどこなのか?

瞬時に判断し、それを実行しなければいけません。

 

実際に思った通りのボールは打てないかもしれませんし、ミスショットもするでしょうがそれはそれ....あくまでも自分で考えて実行することに意義があります。

その繰り返しの行動が近い将来役立つのは目に見えていますよ。

瞬時に危険を察知できるようになるために鍛えるのです。

 

まとめ

危機管理能力を鍛える意義がわかっていただけたでしょうか?

できていない人の多くに、

「あいつより飛ばしてやる」

「バンカーの先に落としてベタピンだ」

「少しでもグリーンに近づけてやる」など....たくさんありますね。

さらにライバルの挑発に...

「レイアップ?」

「狙わないの?」

「ここはショートカットでしょ」の、心の声が....

 

すぐにライバルの言葉や心の声に反応するようでは危機管理能力どころではありませんよね。

勿論いつもいつも硬いゴルフをしろと言っているのではありませんよ。

時にはグリーンやピンを狙う大胆なショットも打つときがあるでしょう。

そんなときでもやはり最悪の結果にならないための「危機管理」が必要です。

 

必ず近いうちにゴルフの女神が微笑むでしょう。

それまでは「鍛錬、鍛錬」....

 

合言葉は、「危険を察知」です。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP