風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

ゴルフが上達しない人の特徴

f:id:tetsute:20200911181311j:plain

 

なかなか上達しないのには原因がある

「いつまでたっても、100が切れないよ...」

「 もう、こんなもんだろ...」

「練習しても変わらないよ...」

こんな考えを持っている限り、上達のスピードはカメです。(カメに例えたのは、やめない限り前に進むという意味があるからです)

 

こんな人は上達が遅い5選(SEOを意識してる?) 

私の考える5選です。

  1. 素直でない人
  2. 練習頻度が少ない
  3. クラブを持つ頻度が少ない
  4. ラウンド頻度が少ない
  5. クラブが合ってない
 
とゆう事は、その反対の人が爆速?
 

スポンサーリンク

 

「素直な人」

同級生のゴルフコンペにN君を同伴させた時、朝ラウンド前にパターの練習をしていました。その時同級生の女性が、「私、パターがどうしてもダメなのよね...」と、
 
「それなら、こうしてみたら?」と私のパッティングを説明し、いざラウンドへ出ました。たかが3分ほどのレッスンでした。
 
するとどうでしょう....寄るし、入るし....「キャ~、うれし~」です。
どんなことを教えたかというと、「距離の打ち分け方」と、「距離感だけ考えて打つ」ことの2点のみです。
 
何が言いたいかというと、「素直に実践した」ということです。
 
たかが3分の時間しかなかったのも功を奏したと思います。
他のことまでレッスンすれば、頭がいっぱいになったに違いありません。
ひとつの事に集中でき、それを疑わずに素直に実践できたからだと思います。
 
素直でない人はN君でした。いつまでも人の言うことを理解しようとしません。
(N君とは私の知り合いの超初心者のアマチュアゴルファーです)
 

「練習量が適切」

練習はやはり必要です。ラウンド数が多い人は別格ですが...

当然練習しない人はクラブも触ることが少なくなります。

悪くはならないにしても、よくもなりにくいです。
 

「ラウンドが定期的にできる人」

練習してもラウンドの機会が少ない人は、練習した成果が発揮できません。
その反対もしかり、ラウンドでの反省もできません。
月に1回ぐらいはラウンドしたいものですね....
 

「自分に合ったクラブを使っている」

これは以前記事にしていますのでこちらをご覧ください。といいたいところですが、私自身ゴルフギアやクラブに無知なもので<(_ _)>
全てお店任せです...
 
参考までにどうぞ↓↓↓ 

あと一つ、言うべきか迷いましたが心を鬼にして、 

 

「クラブにお金をかけない人」は私の知っている限り上達していません、言い切ってはダメですね、上達しにくい状況にあります<(_ _)>

 

そして、「練習が嫌いな人」.....

問題外です。

 

「仕方なしにゴルフをしている人」この人は化ける可能性大です。

やっているうちに、ハマる可能性があるからです。

 

同級生の女性にアドバイスした内容とは? 

tetsute.hatenablog.com

3分でアドバイスした内容は、距離感の出し方のみでした。

上の記事を読んでもらえればわかりますが、たったの一部分のみです。

それも4歩の距離感のみで、8歩の距離感はラウンド中に...

 

まとめ

ゴルフが上達しない人ではなくて、上達が遅いであろう人の特徴を書いてみましたが、もし自分にあてはまっているのであれば方向修正をしましょう。

その原因は全て自分の意志で変えることができるのですから...

 

合言葉は、「素直になろう」です。

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP