GOLF 風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】ボールの位置だけでフェード・ドローを打ち分ける方法と考え方&ブロガーバトン

ゴルフはもっと楽に、もっと楽しく....

 

ストレートボールを打つボールの位置が確定する

すべてのボールは結果的にターゲット方向に飛んでいくのが理想なわけですが、この方法で打ち分けることによってキャリーとランが違ってきます。

できるできないは別として、スイングが固まってくると有効な手段ですからそのときまでの参考として覚えておくのもいいでしょう。

いつの日か役立つ日がきっとくるハズです。

 

 

フェードを打ちたい時のボールの位置

いつものボールの位置をスクエアと考えることにします。(右打ちです)

左の手前...わかりますこれで?

いつもよりも左足よりにしてなおかつ体に近づけます。

理屈ではこの位置でアウトサイドインのスイングになりやすいため結果フェードやスライスを打つ細工ができたわけです。

しかし大抵の人はドローボールが打ちたいのが事実ですよね?

では、ドローボールいくよ....

 

ドローを打ちたい時のボールの位置

右の外...これはボールを右足よりに、そして体から少し遠ざけます。

これでインサイドアウトが完成です。

なぜなら、

右よりで体から離れたボールをアウトサイドインに振るほうが困難になるからです。

理屈ではそうゆう事になるんですよね....

 

ストレートボール

ではそれをふまえてストレートボールを打つためのボールの位置はおのずとわかってきてしまう...というのが、これまた理屈になります。

「なんだ理屈かよ?」

「そう、理屈です」

毎回同じスイングができてもいないのに難しい話ですよね?

しかし今に必要になってくるハズです。必ず近い将来に...

 

 

キャリーとランの差

アイアンでグリーンを狙うショットはフェードのほうがグリーン上でのボールのランが少なくなるためいいのでしょうが、ドライバーに関していえばドローボールのほうがランもでるしキャリーもでます。

しかし最近ではパワーフェードというボールも流行っていますから特別にドローボールでなくてもいいでしょうね。

日本のゴルフ場は特にフェードのほうが攻めやすくなってもいます。

 

最後に

ボールの位置だけ変えてフェードボールやドローボールを打ち分ける練習も取り入れてみてはいかがでしょうか?

役に立つときがくると思いますし、引き出しのひとつに加えてください。

本番ですぐにはできませんから....

練習、練習....

 

ブロガーバトンいただきました

最後になりましたが、ブロガーバトンをいただきました。

バトンの送り主は、

~笑顔が好きだから~の百笑一気さんです。

私がブログを始めたばかりの頃からのゴルフつながりのブロガー様です。

今ではメールのやり取りもしている仲なのだ。

百笑一気 ~笑顔が好きだから~ (tkh3872.com)

www.tkh3872.com

バトンはまたいずれ繋げたいと思います。

百笑一気さんありがとうございました😀

 

合言葉は「ボールの位置をさぐる」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを願っています.... 風にのせて tetsute’s blog

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

TOP