風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ初心者】ドライバーのOBに悩んでいる人はアイアンもぶれている

f:id:tetsute:20211223032036j:plain

ドライバーのOBと同じくらいアイアンでも実はOB級のボールを打っている

今日は少し言葉がきついですがご勘弁を...<(_ _)>

聞く耳持たない読者様はここで退出してもらってもいいと思います。

 

実はアイアンでもOB級のボールを打っている

実際問題ドライバーのOBは距離がでるためにOBになっているわけで、そのような人はアイアンでも方向のブレだけ考えるとOB級にぶれていることが多いです。

少し耳が痛い話になりますが、アイアンもぶれていませんか?

もしそのアイアンがドライバーのように距離がでていたらOBになっていませんか?

ドライバーのOBが目立っているだけで、アイアンは左右にブレてもOBにならずに助かったというケースがよくあります。

結果はOBになっていないのでさほど重要視されず、そこからリカバリーでもしようものなら全くそのアイアンショットのミスはミスでなくなり頭の中で消化されます。

メンタル的にはいいのでしょうが、

 

 

確率的に言えばドライバーもアイアンも同じだけブレている計算になります。

「ドライバーだけ悪いんです....(>_<)」と言っている人は、実はアイアンも悪いはずなのに...このような発言をしていることを自覚して練習しなければいけません。

 

練習でやるべきこと

私の持論になりますが、やはり練習場でドライバーを打つ回数を減らすことを考え、できればスイング作りに徹するのであればドライバーは振らないことが望ましいです。

せっかくアイアンでスイングが固まりつつあるのにドライバーを振ることによってすべてが水の泡になる可能性が高いからです。

小さいスイングを中心に練習をお勧めします。

 

練習のしかた

小さい振りの練習をクリアしない限り次の工程に移らないことです。

クリアの条件は芯でとらえた時の「手に残る感触」と「音」です。

結構ストイックな練習のようですが慣れてくると数球でその感触がでますから、すぐに次の工程に移ることができます。

 

小さな動き

一番小さな動き(スイング)はパターです。

これは家練でできますが、練習場に併設されているなら家練とは比べ物にならないくらい大事な練習のひとつです。

レンジではパターができませんので次のスイングはアプローチなのですが、アプローチの練習をするのではなくフルショットのための小さな動きをしましょう。

それがこれ....「インパクトゾーン」の練習です。

tetsute.hatenablog.com

 

次の工程

次に、ショートアイアンのスリークォーターとフルスイングです。
(フルスイングと言っても満ブリではありませんよ)

次に、ミドルアイアンの.....といった具合に移行していきますが、その次にはまた最初に戻りましょう。

気分転換に、ウッド系は3Wか5Wをまたは、ユーティリティーも打ちますが、熱心にしないことです。

スイングを固めることを急ぐなら長いクラブはなるべく振らないように我慢です。

できないでしょうね...そんなこと、

もし振りたいなら、飛ばそうと努力しないようにしましょう。

早く上達する為の秘策です。

 

アイアンでスイングを作る

このことを肝に命じることのできる人は上達も早いです。

アイアンでブレないスイングができるようになればアイアンのOB級のボールを打たなくなりますからその時はドライバーの出番です。

と言いたいところですが....

やはりドライバーの練習はほどほどにしておきましょうね<(_ _)>

またしてもスイングを壊してしまいかねませんから....

 

合言葉は「ほどほどに....」です。

いつも本当にありがとうございます。
ナイスゲームを期待しています。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

 

 

TOP