GOLF 風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ上達できたらいいな....

【ゴルフ】ティーショットのドライバーでOBを打ちたくない人への秘策

f:id:tetsute:20210329170801j:plain

 

ドライバーがOBになってスコアが作れない人必見

もともと練習場で左右にOBになるであろう球をひたすら打っている人は、そこから直していく必要があります<(_ _)>

そのような場合はフォーム(スイング)の見直ししかありません。

ゴルフのお上手な方か、レッスンを受けて根本を直していきましょう。

私にはどうすることもできません。(打ちまくれ...としか)

 

練習場はそこそこいけている...という人

練習場ではいい、ラウンドになるとダメ...の人向けの秘策です。

方法としては、「ドライバーを持たない」ですか?

いいえ、違います。

結論は、「ドライバーを打ち続ける」です。

ドライバーでOBが出なくなるまで打ち続けることが、ラウンドでOBを打たない一番の秘策になります。

「はぁ~?、だから....」(-_-メ)

ですよね~(^^)/

 

どうゆうこと?

ラウンドでのドライバーがうまくいってないんですよね?

ドライバー...封印しちゃいます?

そんなことをしたら、スコアは一時的にアップするかもしれませんが、ゴルフの上達は伸び悩みしますし、ゴルフ自体が楽しくなくなってきますよ。

一番の理由は、それ以上「上達しない」になります。

どうしましょう?

打てるまで(OBしなくなるまで)狭いホールでもドライバーを打ち続けることです(距離が短いホールはその限りではありませんが...)

スプーン(3W)で250y飛ばせる人もその限りではありませんね。

 

OBになっても打ち続けること

練習場では何も考えずに(なんのプレッシャーもない状態で)ドライバーを打つことができますが、ラウンド(コース)では、限られたコースの範囲内に打つことができないとOBという結果になってしまいます。

その限られた範囲というプレッシャーがかかった状態でスイングをした時には、練習場でのスイングとは違ったフォームなり違った筋肉の動きが加わってしまうために、思い通りのスイングになっていないのです。

 

ではどうすれば?

思い通りのスイングは何も考えていない時の「素振り」にほぼ近いです。

人間は機械ではないので機械のように決まった動きはできません。

なので、機械に近い動きのスイングは「素振り」しかありません。

「どこどこを意識しながら」例えば、ボールを意識するとか、バックスイングを意識するとか、といったスイングは必ずどこか違う動きが入ってしまいます。

スイングの目標としてひとつ考えるならば、フィニッシュにしましょう。

カッコいいフィニッシュ(左足一本で立ったままボールを見送ることができるフィニッシュ)に向けてのスイングを目指します。

 

まとめ

狭いホールでもドライバーで打ち続けることによって、徐々に、徐々にですが「このホールは広いな...広いかも...」という風になってきます。

この感じです。

今まではOBの事で頭がいっぱいだったのが、いつの間にか「どこに打てばセカンドが打ちやすいかなぁ~」に変わってきます。(^^)/

 

実際コースで打つときには恐る恐るスイングをしてしまいがちです。

特にOBが出たショットでは、振り切っていない自分に気が付かずそのままズルズル一日が終わってしまいます。

しっかり体を使い最後まで振り切ってください。

それを続けることができれば「作戦成功」です。

 

ドライバーでOBを打ちたくない人は、OBが出なくなるまでドライバーを使い続けることです。

コースが広く思えてくれば、もうこっちのものです。

 

合言葉は、「打ち続ける」です。

 

今日は注意事項があります。

練習場でのドライバー練習は控えめに(^^)/

なぜ?

フォームを崩す可能性大だからです。

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP