風にのせて tetsute’s blog

アマチュアゴルファーや初心者ゴルファーのためのゴルフ講座

【ゴルフ】プリショット・ルーティンの重要性かつ必要性と作り方

ターゲットを決め集中力を高める

テレビでよくゴルフ中継を見ます。特に最終日の放送は、プレーヤーの表情が印象的です。1打で数百万変わってくるのですから...

キャディーさんとピンまでの距離と、次のパットをするための落とし場所の相談etc

「あそこに落とせば...ピンによって行く...」とか

見ていても集中力が伝わってきますね。

f:id:tetsute:20210719205429j:plain

 

ルーティン(プリショット・ルーティン)とは

我々アマチュアゴルファーにも非常に大切なことだと思います。

既にご自分のルーティンをお持ちの方もたくさんおられると思います。

ルーティンは、簡単にいうとコースに立ちどう攻めるかを決め、クラブをバックから取り出すところから始まります。

ティーアップし、そのあと球筋のイメージをしながら、素振りをしアドレス位置に移動してセットアップしスイング。

最後に打球の確認をするまでの一連の動作をいい、その動作をいつも同じリズムですることに意味があります。

これは無意識に行われるのがいいといわれてますが、確立されるまでは意識して行っていくものです。

このルーティンは練習にも取り入れることを強くお勧めします。

 

 

ルーティンの重要性

ルーティンのいいところは、なんといっても集中力だと思います。

私を含むアマチュアゴルファーの場合、わきあいあいと雑談を含めながらのプレーに必ずなります。それはそれで、ぜんぜんOKだと思ってます、ましてはそれがアマチュアゴルファーの趣旨なんですから...

しかしながら、そのゆるりとしたままプレーするのも考えものです。

そこにルーティンが活躍します。

 

ティーイングエリアに立てばそこからは真剣勝負です。

そこからルーティンにはいっていくわけですが、ルーティンにはいっていくことによって自然と集中力が上がってきます。

これです、この自然に集中力を上げていけるのが、ルーティンなのです。

 

自分のルーティン作ろう

どんなルーティンがいいのか?

それは、自分の好きなプロとかのいいところを真似したり盗んでしまえば全然いいと思ってます。

そして自分の自然に近いかたちに持っていければ最高です。

いろいろと試してみるのもいいでしょう、そのうちに自然と自分のものになっていると思います。

とにかく無意識にやってしまうようなルーティンを日々の練習に取り込めれば、簡単に最高のルーティンができあがります。

 

ルーティンに大事なこと

ただ一つ上げるとすれば、それは、ルーティンにもリズムとテンポが大事だと思っています。

例えば、前ホールで大たたきをしてしまって「はあはあっ」「ぜいぜい」と次のティーグランドに足早にいったときに、呼吸が乱れたままのショットをしなくてはいけませんよね。

そんな状態ではまともなルーティンもできなくなります。

 

呼吸を整えるバカな方法

そんな時のための、呼吸を整える方法があります。

以前、私は自衛隊に勤務していたことがあります。

戦闘訓練で過酷な状況などの後に、小銃(自動小銃)をかまえ、すぐに照準を合わせて敵を打たなくてはなりませんが、息が上がっている状態では絶対に照準は合いません。

その時に教わった方法が、いろんな場面で今でも役立っています。

その方法とは...

犬(DOG)が走った後、「はあ、はあ」のように口を開けて「はあ、はあ、はあ、.....」と10回ほど本気でやり、すぐに、すごく大きな深呼吸を一回行うと、あら不思議、呼吸が整います。

「なんだ、こいつ?」と思われますがぜひ一度お試しください。

 

 

まとめ

ゴルフ上達の一つにプリショット・ルーティンというものがありますが、これはどんな場面どんなスポーツでも自然に行われているということです。

日常生活の中でも自然にやっていたと感じます。朝起きて仕事に行く前の動作もそれですし、晩飯の際、冷蔵庫を開けビールを取り出すのも、寝る前に歯を磨いたりするのも、すべてルーティンだと思います。

知らず知らずのうちにルーティンを作っていたのです。

ゴルフにもルーティンが必須です。

私はルーティンがスコアに直結している大きな役割を持っていると思っています。

自然にでるルーティンを目指して、お互いに頑張りましょう。

 

合言葉は、「ルーティンは大事」です。

いつもありがとうございます。
ナイスゲームを期待しています。

2021/10/20 rewrite

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村


ゴルフランキング

TOP